『ワイドナ』vs『サンジャポ』 松本人志が意識するコア視聴率の逆転現象 - イザ!

メインコンテンツ

『ワイドナ』vs『サンジャポ』 松本人志が意識するコア視聴率の逆転現象

ポストセブン
松本人志も言及した「コア視聴率」とはどういうものか(時事通信フォト)
松本人志も言及した「コア視聴率」とはどういうものか(時事通信フォト)

日曜の午前中は1週間を振り返るテレビ番組が目白押しだ。8時台はTBS『サンデーモーニング』と日本テレビ『シューイチ』、10時台にはTBS『サンデー・ジャポン』、フジテレビ『ワイドナショー』、12時台にはTBS『アッコにおまかせ!』と続く。これらの番組の視聴率はどうなっているのか(以下、視聴率はビデオリサーチ調べ/関東地区)。テレビ局関係者が話す。

「この中では、TBSの世帯視聴率が良いです。関口宏の『サンデーモーニング』は15%前後で週間ランキングベストテンによく入っているし、爆笑問題の『サンジャポ』も11~12%で松本人志の『ワイドナショー』に負けることはまずない。TBSの午前中は強いですよ。ただ、あくまで“世帯”にフォーカスした場合ですけど」(以下同)

昨年からテレビ局は個人視聴率に重きを置くようになった。フジテレビは13歳から49歳までを『キー特性』と呼んでいる。TBSは13歳から59歳を『ファミリーコア』と定義していたが、今年春に4歳から49歳と引き下げ、『新ファミリーコア』と改めた。

「今はどの局も50歳未満に焦点を絞っています。ダウンタウンの松本人志が『コア視聴率』に言及したことで、一般的にもある程度浸透したかもしれませんね」

6月12日、松本が民放で20年ぶりに新作コントを披露した『キングオブコントの会』(TBS系)が放送された。世帯視聴率は6.8%だったが、松本が14日に「コア視聴率が良かったんです。コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです。そのコア視聴率が3時間横並びでトップやんたんです」(原文ママ)とツイート。

20日の『ワイドナショー』では「世帯視聴率が高くても、コア視聴率が低いと番組は終わっちゃうんですよ。(中略)要するに今、重要視されているのはスポンサーもテレビ局もコア視聴率の方なんですよ」と述べた。

◆50歳以上の視聴率は『サンジャポ』が圧倒だが

「3月には日本テレビ『メレンゲの気持ち』、フジテレビ『とくダネ!』、TBS『噂の!東京マガジン』(BS-TBSに移行)と20~30年続いた長寿番組が終わった。46年続いているテレビ朝日『アタック25』も、9月限りでの終了が発表されました。いずれも、『コア視聴率』の低さが1つの原因だと囁かれています」

松本は6月14日の『ワイドナショー』で、「皆さんが面白いと思ったのに、世帯視聴率が低かったからといって全然悲観しなくてもいいんです。大抵その場合、コア視聴率取ってますから!」と語っていた。

「本人は言わないでしょうけど、同時間帯の『サンジャポ』に対する思いもあるかもしれません。50歳以上の視聴率だと『サンジャポ』が倍以上の差をつけて圧倒しているのですが、49歳以下になると『ワイドナショー』が勝っています。松本さんには、その自負もあったのでは」

編成面を見ると、『サンジャポ』は50歳以上に強い『サンデーモーニング』の流れを引き継いでいる。一方、『ワイドナショー』はC層(4歳~12歳)に強いアニメ『デジモンアドベンチャー』『ワンピース』の後に放送されている影響もあるだろう。

「『サンジャポ』がコメンテーターにYouTuberやTikToker、みちょぱや藤田ニコルというティーン層に人気の高いモデル出身タレントを毎週のように出演させていますよね。これは若年層の数字を狙いに行っているからです。その効果あってか、ティーン層(13歳~19歳)やM1(男性20歳~34歳)、F1(女性20歳~34歳)の視聴率が『ワイドナショー』に肉薄し、層によっては少しだけ上回ったこともありました。ただ、基本的には負けています」

松本の「コア視聴率取ってますから!」発言は、49歳以下の視聴率で『ワイドナショー』が『サンジャポ』を上回っていることへの自信の表れなのかもしれない。

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…