“みまじゅん”日本卓球初の「金」か「銀」か 12歳差の兄妹“みたいな”ペア 準決勝ではやりたい放題「美誠劇場」 - イザ!

メインコンテンツ

“みまじゅん”日本卓球初の「金」か「銀」か 12歳差の兄妹“みたいな”ペア 準決勝ではやりたい放題「美誠劇場」

息がぴったりの伊藤(手前)と水谷
息がぴったりの伊藤(手前)と水谷

 ■卓球 混合ダブルス 

 今大会から採用された卓球の混合ダブルスで26日の決勝に進出し、銀メダル以上を決めた第2シードの水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=組。

 25日の準々決勝では、第7シードのパトリック・フランツィスカ(29)、ペトリサ・ソルヤ(27)=ドイツ=組に7度のマッチポイントを握られながら逆転勝ちすると、準決勝では第3シードの林●(=日へんに句の口が二)儒(19)、鄭怡静(29)=台湾=組に4-1で快勝した。

 土壇場からの逆転劇がメダルにつながった。ドイツ組との準々決勝最終ゲームで、伊藤のミスが続いた。6-10と追い詰められたが、水谷は「このまま終わっていいのか」と自問。この日最も速いバックハンドレシーブ「チキータ」から強気の攻撃を続け、劣勢の空気を変えた。奇跡的にひっくり返すことに成功した。

 これで硬さの見えた伊藤も本来の力を取り戻す。8時間半後の台湾との準決勝では伊藤がフォア、バック両面で速く、低いレシーブを連発して「やりたい放題できた」と満足顔。サーブを読み切り、相手の戦意をくじいた抜群の勝負勘を、ベンチに入る田勢コーチは「美誠劇場」と絶賛した。

 静岡県磐田市の互いの実家が近所で、伊藤にとって12歳上の水谷は「お兄ちゃん的存在」だ。五輪前から熱心に積んだフィジカルトレーニングの成果で不振を脱し、リオ当時の輝きを取り戻しつつある水谷に切れが戻った。

 伊藤は「試合をするごとにすごく成長している」と2人の可能性に手応え十分。卓球が1988年に正式競技になって33年。日本がまだ手にしていない金メダルが目の前にぶら下がっている。決勝は第1シードの許●(=日へんに斤)(31)、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)(30)=中国=組と対戦する。

zakzak

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」