東京五輪ソフトボールTV中継“レジェンド”宇津木妙子さんの名解説に「ノムさんを思い出す」の声 - イザ!

メインコンテンツ

東京五輪ソフトボールTV中継“レジェンド”宇津木妙子さんの名解説に「ノムさんを思い出す」の声

ソフトボール元日本代表監督・宇津木妙子(寺河内美奈撮影)
ソフトボール元日本代表監督・宇津木妙子(寺河内美奈撮影)

東京五輪のソフトボールで、元日本代表監督の宇津木妙子さんが務めるテレビ中継の解説がネットで「愛情あふれて気持ちいい」「ほんま頷きしかない」「神解説」などと話題を呼んでいる。

日本代表監督として2000年のシドニー五輪で銀メダル、04年アテネ五輪でも銅メダルを獲得し、ソフトボール界の“レジェンド”として知られる宇津木さん。08年の北京五輪でテレビ中継で解説を務め、日本の金メダル獲得が決まった際の「やったー!」という絶叫は当時、大きな話題になった。21日に行われた1次リーグの豪州戦でも解説を担当し、投手の球速表示がテレビ画面に表示されないなか、先発した上野由岐子投手の球速をズバリ「113キロ」と言い当て、多くのネットユーザーたちを驚かせた。

宇津木さんは、26日に行われた1次リーグの米国戦でNHKの解説を担当。現場を熟知しながら、視聴者に対してわかりやすく伝えるその内容が好評で、この日もSNSには「宇津木さんの解説が一番わかりやすくて、一番楽しい!そして、勉強になる!!」「宇津木さんの解説は『筋肉の弾力性』とか『軸からバットを出す』とか『軸が残ってる』とか、本質的で面白いね」「誰の解説よりも、選手をずっと見てて知ってる宇津木妙子さんの解説が1番わかりやすいし楽しい」「宇津木妙子さんの解説は技術面は勿論、選手の人間性も話してくれるから面白い」「喋り方に厳しさと愛を感じる宇津木さんの声と解説すごく好き」といったコメントが殺到した。

また、名監督らしい言い回しや、淡々とした口調も注目を集め、ツイッターには、「解説はノムさん(野村克也さん)を思い出すな」「宇津木さん、話し方が解説じゃなくて現場の人って感じが凄いんだよな。ノムさん権藤(博)さんの系統」といった書き込みも見受けられた。

日本はこの日、米国にサヨナラ負けを喫し、1次リーグを4勝1敗の2位で通過した。27日の決勝で再び1次リーグ1位の米国と金メダルをかけて対決する。決勝はテレビ朝日系での生中継が予定されており、SNSには「明日の決勝も宇津木さんの解説が聞きたい。テレ朝~」「明日も解説宇津木妙子さんでお願いしたいのだが」というリクエストも寄せられている。


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」