【東京五輪と角栄の時代】1964年の東京五輪 田中角栄氏が“大盤振る舞い”の予算計上「1秒あたり5億5000万円の復活折衝」 - イザ!

メインコンテンツ

東京五輪と角栄の時代

1964年の東京五輪 田中角栄氏が“大盤振る舞い”の予算計上「1秒あたり5億5000万円の復活折衝」

田中角栄氏
田中角栄氏

 今から57年前、1964年の東京五輪は、前首相の岸信介の強い誘致意欲のなかで実現した。岸は首相時代、日米新安保条約の成立・発効(60年)への執念の一方で、東京五輪を戦後日本発展のきっかけ、経済成長の起爆剤にしたいと考えていた。

 周到な根回しの結果、59年5月、IOC(国際オリンピック委員会)総会での投票で、米デトロイト、オーストリアのウィーン、ベルギーのブリュッセルを押さえて、「アジア初の五輪」が実現することになったのだった。

 岸は「安保騒動」で60年7月に退陣、後を継いだ首相、池田勇人が政策目標とした「高度経済成長」実現への足がかりとして、東京五輪成功に全力を傾けたということだった。開催のための関連予算は当時で1兆円超、今なら20兆円規模であった。これにより、この国の高速道路や一般道整備、新幹線開通、地下鉄整備もまた、時代の幕開けとなっていった。

 さて、田中角栄は、岸政権で郵政相として初入閣、自民党筆頭副幹事長を務めた後、池田政権では党から国家予算ににらみを利かす政調会長、第2次池田改造内閣(62年7月~)でついに蔵相の椅子に座った。

 田中という政治家はもともと、積極財政論者であったが、例えば、それは2年後の東京五輪をにらんで蔵相として臨んだ63年度予算の復活折衝での、次のような“大盤振る舞い”エピソードにも表れていた。

 相手は、強面(こわもて)で鳴らした、時の建設相、河野一郎(=河野太郎行革担当相の祖父)で、河野は道路事業110億円、治山治水45億円、下水道整備10億円の復活にすごみを利かせたのだった。

 河野の話が終わって30秒、ジッと腕組みして聞いていた田中いわく、「エー、しめて165億円ですな。エエです。付けようじゃねぇですか」。

 これは当時、「1秒あたり5億5000万円の復活折衝」として、大いに話題となったのだった。田中に付き添う大蔵省主計局次長は、何とも渋い顔をしていたそうである。

 もとより、田中としては、この池田政権下の五輪予算をさらに積極財政の展開につなげ、五輪成功に導くチャンスと捉えていた。その成功の向こうには、自らの天下取りの灯りを見ていたのだった。 (敬称略)

 ■小林吉弥(こばやし・きちや) 1941年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。永田町取材50年余のベテラン政治評論家。政局分析や選挙分析、田中角栄研究で定評がある。著書に『愛蔵版 角栄一代』(セブン&アイ出版)、『新 田中角栄名語録』(プレジデント社)、『田中角栄 上司の心得』(幻冬舎)など多数。

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」