B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』の過酷なREC - イザ!

メインコンテンツ

B.B.クィーンズ坪倉唯子が明かす『おどるポンポコリン』の過酷なREC

ポストセブン
B.B.クイーンズはいま、近藤房之助(左)と坪倉唯子(右)の2人で活動
B.B.クイーンズはいま、近藤房之助(左)と坪倉唯子(右)の2人で活動

いまから約30年前の1990年。それはまだまだ日本が元気な時代だった。特にCDが普及し、ミリオンヒットが連発。音楽業界史上空前のバブル期であったといえる。そんな1990年のヒット曲といえば、B.B.クィーンズの『おどるポンポコリン』だ。

この曲は、作詞・さくらももこ、作曲・織田哲郎、歌唱がB.B.クィーンズという分業制。B.B.クィーンズは、日本のブルースシーンを支え続けてきた近藤房之助と、数々のセッションを経験してきたベテランシンガーでコーラスクイーンの坪倉唯子などから成る実力派グループだ。

分業で企画性のある曲作りを行うのは1990年代にブームを起こす音楽制作会社ビーイングの得意とするところ。ビーイングの創設者で音楽プロデューサーの長戸大幸さんは、マンガ『ちびまる子ちゃん』に感動して作者のさくらももこさんに会いに行き、そこでテレビアニメ化の話を聞いたのが、ことの始まりだった。

作詞を手がけたさくらももこさんは、『まる子、みんなにばかにされるの巻』というエピソードの中で、将来の夢をまる子に語らせている。音楽ジャーナリストの柴那典さんはこう語る。

「それはテレビばかり見ているまる子に父ヒロシが『将来、何になるつもりだ?』と質問する場面で、まる子が植木等の映るテレビを指し、『クレージーキャッツに入りたい』と答えると、ヒロシが『それは無理だ』と肩をすくめる。すると、まる子は『じゃあ、この歌を作った青島幸男さんみたいになりたいよ』と言うのです。そのせりふ通り、十数年後に作った歌で“ピーヒャラピーヒャラ パッパパラパ”と、ナンセンスで明るい歌詞が世を席巻したのです」

つまり、『おどるポンポコリン』はさくらももこさんが「青島幸男さんみたいになる夢」を叶えた曲なのだ。

そんな『おどるポンポコリン』の誕生秘話を、B.B.クィーンズの坪倉唯子さんはこう振り返る。

* * *<br />

1990年、B.B.クィーンズは8人体制で始まりました。ビーイングが作った新しいレーベルRhizomeからのアーティスト5人(近藤房之助、増崎孝司、栗林誠一郎、望月衛介、坪倉唯子)と、後に「Mi-Ke」となる3人(宇徳敬子、村上遙、渡辺真美)です。

テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』はスゴい人気だと聞いていて、そのエンディングを歌えるなんて、「スゴ〜い! スゴすぎる!」と大興奮でした。

でも実は原作をまだ読んでいなくて、歌入れのスタジオでプロデューサーの長戸大幸さんから手渡された単行本の1巻を読み始めたのをよく覚えています。

私はもともとアニメソングを何作品か歌っていたので、レコーディングのときも違和感ゼロ。でも、ヴォーカルディレクションはキビしく、「小学3年女子はそんな歌い回しはしない!」と何テイクも歌い直しました。

録音時はテープの回転を落として録って、それを元に戻す方法でレコーディングしていたので、私なりに滑舌や発音に気をつけました。

それでも、ノッて歌うと踊っちゃう! 踊りながら歌うと自分が出て「小3女子」でなくなるので、肩幅に足を開いて仁王立ち、手はドラえもん(ジャンケンのグーの形)で歌いました。これ、私には結構つらかったです(笑い)。

房ちゃん(近藤房之助)は、歌い出しで急にあの高さのテンションでシャウトして「Yeah〜♪」って歌ってますけどスゴイ大変で、あれをやりきってる房ちゃんはカッコいいですよ。

B.B.クィーンズは当初は覆面バンドで、表に出ることはないと思っていました。でも、あの衣装でテレビ出演することになって……。

かつらは「もしも、まるちゃんが歌手になったら……」という私のリクエストで、おかっぱになりました。衣装のおかげで面も割れていないので、『おどポン』が大ヒットになったことはだいぶ他人事でしたね。

とはいえ、その年の夏、中島みゆきさんのツアーに参加していたんですが、ツアー先でもいたるところで『おどポン』がかかっていたのでビックリしてました。

私にとって『おどるポンポコリン』は“使命”です。いつまでもこの曲をちゃんとイメージ通りに歌っていけるよう頑張れるんです! 歌えなくなったらどないしょー、とおびえる58才でゴザイマス(笑い)。

取材・文/北武司

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳