小山田圭吾辞任でトラウマ蘇った30代男性の告白「いじめは校内犯罪である」 - イザ!

メインコンテンツ

小山田圭吾辞任でトラウマ蘇った30代男性の告白「いじめは校内犯罪である」

ポストセブン
2018年ロンドンでの小山田圭吾(dpa/時事通信フォト)
2018年ロンドンでの小山田圭吾(dpa/時事通信フォト)

「いじめ」の英訳はbullying(子供が弱い者、小さい者をいじめる)になるそうだが、2020東京五輪開会式のスタッフを辞任した小山田圭吾の過去について報じた一部英語紙は、それを「abuse」(虐待)と報じた。俳人で著作家の日野百草氏が、「いじめは校内犯罪である」と訴えるかつての被害者の訴えを聞き、不道徳であることをかっこいいと評価するような価値観は本当に主流だったのか、1990年代を振り返った。(文中一部敬称略)

* * *<br />

「やったほうは忘れても、やられたほうは覚えてます。僕は忘れません。だから今回の小山田圭吾は許せなかったし、トラウマが蘇りました」

出版社時代の後輩と再会、彼を仮に霊夢くん(30代・仮名)としようか。在職当時、人気ゲームからの派生作品群『東方Project』が好きだった彼(霊夢は同作品群のキャラクターの名前)。いまは別の仕事についているが、彼の中学時代は地獄だった。それを大人になっても忘れること無く、かつて飲みに行くたび筆者にも語ってくれていた。今回は緊急事態宣言下、貸会議室で味気ない自販機コーヒーをすすりながらの話となったが、内容的にはこのほうがいいかもしれない。

「見ての通り原因は皮膚の疾患です。詳しくは書かないでくださいね。障害と言ってもいい、少し目立つものです」

特定されるため書かないが、この疾患はやっかいで悪化すると目立つ。霊夢くんは中学で発症、それからいじめという名の校内犯罪が始まった。

「万引きと一緒でいじめという名前がよくありません。あれは校内犯罪です。暴行傷害、恐喝、侮辱、名誉毀損、すべてを網羅した学校内の犯罪、校内犯罪です」

霊夢くんは本気だ。いじめは犯罪だと覚悟の上で言い切る。かつて音楽誌で万引き自慢をしたシンガーソングライターもいたが、れっきとした窃盗でも昔はやんちゃで済まされてしまった。もちろん当時も窃盗罪。やんちゃで済まされないはずなのだが、コンプライアンスの低い昭和にはやんちゃで済まされてしまう土壌があった。いじめも同様、霊夢くんの言う通り、ひとりの人間の心も体もズタズタにする犯罪なのに。彼の要望で本稿はいじめという言葉を校内犯罪とする。さしずめ、いじめる側は校内犯罪者だ。

「僕が言いたいのはやられたほうは絶対に忘れないこと、そしていじめは校内犯罪である。これだけ伝えられたら十分です」

◆あれは自慢。告白って誤魔化すのはやめてほしい

それまでもアニメオタクということでタチの悪い輩に目をつけられてはいたが、皮膚病によって攻撃はエスカレートした。雑巾を絞った水を飲まされ、下半身丸出しのままベランダに締め出され、皮膚疾患が伝染する、バイキンだのと散々だった。もちろん伝染しない病気だが、いわゆる「エンガチョ」、触ると汚いと侮辱されたという。県下有数のナンバースクールに進んでその地獄から開放されたが、地元を離れたい一心で猛勉強したという。

「治しようがないものを言われるのって本当に辛いです、本人にはどうにもなりません」

筆者も寛解したが尋常性乾癬持ちなので気持ちはわかる。本人の努力でどうにかなるものではない。巷では障害や先天性疾患すら子宮にいるときに自分で選んだという悪質なオカルトが跋扈しているようだが、障害者や疾病患者にすればたまったものではない。

「だからあの小山田圭吾の校内犯罪自慢はゾッとしました。トラウマが蘇りました。中学時代に引き戻されましたよ」

元フリッパーズ・ギターでコーネリアスのミュージシャン、小山田圭吾が太田出版「Quick Japan」1995年Vol.3のインタビューで、かつて通っていた和光学園で凄惨ないじめという名の暴行と侮辱をしていたと得意げに語った「自慢」である。それに先立つ1994年、音楽誌「rockin’on」のインタビューでも自身の行為を面白おかしく述懐している。

「この件で初めて知っただけに衝撃でした。あんなふうに成功した人が得意げに語ってたなんて恐怖です。僕がされた虐待にも似てました」

全裸にしてグルグルに紐を巻いての自慰行為の強要や、食糞させた上でのバックドロップ(「rockin’on」1994年1月号)、下半身丸出しにして廊下を歩かせる(「Quick Japan」1995年Vol.3)、などおぞましい所業を小山田圭吾は本当に楽しそうに語っている。この暴行はSくんとMくんという生徒に実行された。その他にも聾唖者、小人症、ダウン症とあらゆる障害者に対する差別と嘲笑が盛り込まれている。まさに鬼畜の所業、おしゃれの皮を被った渋谷系悪魔のインタビューで、過去記事とはいえ辞任も当然である。それにしても気づかなかったのか知らんぷりだったのか、昔から独特の教育と校風を持つ学校なのは承知しているが、当時の和光学園もどうかしている。

「告白じゃないです。あれは自慢です。あれを告白と誤魔化すのはやめてほしい」

霊夢くんの言う通り、どう読んでもあれは犯罪自慢である。掲載時は問題にならなかった、ということを主張する業界人がいるがそんなことはない。当時も「Quick Japan」の企画に関して、パソコン通信のBBS では批判的な意見が散見された。

「僕はリアル世代じゃありませんが、反社会的で鬼畜な雑誌があったことは知っています。でもブームというほどでしょうか、その手の業界ではブームだったかもしれませんが」

あくまでアンダーグラウンド、日本中のマスを席巻した一大ムーブメントではない。1995年といえばオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こし、『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放送開始、Windows 95が発売された年でもある。ちょうどその年、青山正明の編集による『危ない1号』発売、その成功を受けて悪趣味、不謹慎、のちに鬼畜系とも呼ばれる雑誌や書籍が中小出版社を中心に乱発された。ちょうどパソコン通信とインターネットの境目、なんともカオスな年である。

ただし「Quick Japan」がその悪趣味、不謹慎系の雑誌だったかといえば否である。あくまで当事者である小山田圭吾と連載担当の村上清、編集人兼発行人だった赤田祐一らの人権意識の問題だろう。いじめという名の犯罪自慢と差別まみれのインタビュー、1990年代でもあれはない。

「そう、時代とか、ブームとかじゃないですよね。被害者がいて、たくさんの人がいまも苦しんでいる。当時はそうだったなんて、それで納得できるわけがないです」

まったくそのとおりで、昔はコンプライアンスもモラルも低かったと言われても、小山田圭吾のような連中による校内犯罪の被害者からすれば納得できるわけがない。

「でも苦しめた側はなんとも思ってない、というか忘れてたりする。今回だって有名なミュージシャンが公の場に選ばれたから問題になったわけで、その辺の校内犯罪者は家庭を築いて幸せにやってる。別に不幸になれとは思わないけど、やられたほうは一方的に恨むばかりで苦しいなんて、理不尽過ぎます」

筆者の中学でも生徒による校内犯罪が多発していた。それらのほとんどは表沙汰にはならず学内で処理されるか、田舎近所の噂程度で放置された。とくに学年ひとつ上の先輩は酷い虐待を受け、その後しばらくして自ら命を絶った。加害側の先輩たちを知っているが、その一人はずいぶん前の話、やんちゃそうな子どもを連れて野田のショッピングモールを闊歩していた。おそらく、虐待のあげく自殺した同級生のことなど覚えていないかもしれない。いまさら具体的な形で表沙汰になることも、平凡な一家庭の父でいる限りはないだろう。

「若かったからとか、ワルだったとかネタにしますけど、やられたこっちにしてみたらネタじゃ済まない。そもそもやったことは犯罪です。どうして社会では暴行罪や侮辱罪なのに、校内ではいじめなんですかね」

やった側にすればただの「いじめ」でしかなく、面白おかしい武勇伝や「ネタ」でしかないが、やられた側にとっては校内犯罪の被害者として一生の苦しみを味わうことになる。自死に至らなくとも、忘れることのできないトラウマを背負わされる。

◆一方通行な不道徳はもう通用しない

問題の記事は、その発言内容だけが悪質なのではない。インタビュー中、小山田圭吾は「会ったら会ったでおもしろいかな」とSくんやMくんに会いたいと語った。村上清は編集部の赤田祐一や北尾修一に話し、企画の了承を得てMくん(住み込みで働き音信不通)の母親に電話取材をしている。当然、母親は小山田圭吾との対談を拒んだ。Sくん(障害が重くなり会話も困難な状況)に至っては自宅に突撃、こちらも小山田圭吾との対談は実現しなかったが、村上清はSくんと会った印象を「ちょっとホーキング(ALSに苦しみながら量子宇宙論に挑んだ物理学者)入ってる」と書いている。前後の文脈からALS患者の特徴を揶揄したことは明白だろう。Sくん一家、Mくん一家の苦しみは、小山田圭吾とその一味にとっては面白い「ネタ」でしかなかった。まるでおもちゃで遊ぶように。

「彼ら業界の大先輩たちに言うのも気が引けますが、もうそんな時代じゃないです。昔の雑誌は読者がハガキや電話で文句言っておしまいでしたけど、いまや読者はSNSという手段を持ってます。一方通行な不道徳はもう通用しない。まして小山田圭吾は人気ミュージシャンでオリンピック・パラリンピックの音楽担当に選ばれる立場でした」

社会通念は確実に変わっているのに、いまだにアップデートしないまま、悪い意味での戦後日本を引きずっている連中がいる。いい年して「ワルぶった俺かっこいい」のまま。

本物のワルと数多く対峙してきたノンフィクション作家の溝口敦は、かつて揉め事ばかり起こす元プロ野球選手の清原和博について「社会人としての自信が持てなかった彼の幼児性の表れではないか」と語っている。けだし至言である。清原はともかく、この「社会人としての自信が持てなかった」「幼児性」は中小出版社や編プロで、かつての清原同様にイキってヤクザ者を気取る一部編集者やライターと被る。本旨ではないが、こうした土壌も今回の騒動の背景にあることは、筆者も長く出版業界にあるのでわかっている。

「でもいいきっかけにはなったと思います。いじめという名の校内犯罪を面白おかしく語るなんて時代じゃないんです。今回の件、SNSも大半は真剣に怒ってくれる人ばかりでした。とくに若い子が声を上げてくれている。昔の匿名掲示板に比べたら雲泥の差です」

いまやSNSによって誰しも間違ったことには真剣に怒り、声なき声を上げることができるようになった。とくに1990年代をリアルで体験していないZ世代の若者は「当時のブームだった」とか「そういう時代だった」と語る業界の古い価値観のイキリおじさんたちに憤り、直接声を上げている。

「苦しむのは僕たちの世代だけで十分です。いじめは犯罪であるという価値観が定着して欲しいです」

社会規範は時代とともに変わる。その意味では、霊夢くんの言うことはもっともだ。そしてこんな前世紀の遺物を次世代に持ち越してはいけない。いじめという犯罪を根絶することはできないかもしれないが、いじめが暴行傷害、恐喝、侮辱、名誉毀損、すべてを網羅した犯罪であるという社会的コンセンサスは形成できるだろう。

1990年代のパソコン通信や2000年代の匿名掲示板、ブログでも散々批判されてきたのに黙殺した小山田圭吾と編集者たち、事ここに至っても価値観のアップデートができないままに擁護して恥を晒した一部出版関係者や芸人。かつて世間に反発し、露悪で売っていた自分たちが嫌っていたはずの老害になったその心境はいかばかりか。それにしてもオリンピック、ましてパラリンピックだってあるのにこの人選、東京2020組織委員会もあいかわらずのグダグダだ。

声を上げることは「やり返したら相手と同じレベルに落ちる」ことではない。「相手の土俵に乗ったら負け」なんて嘘っぱちだ。声を上げなければ舐められていいようにされる。筆者が『消えない「アジア人差別」に私たちはどう応じてゆけばよいのか』で書いたままの主張はここでも通る。やった側は笑えても、やられた側は笑えないし、忘れない。「いじめかっこわるい」では済まない令和の世、小山田圭吾の障害者いじめの告白は障害者虐待という犯罪自慢であり、その陳腐な悪と人間性も含め公の場に出る資格はない。弱者を苦しめて遊び、過去のいじめ告白という名の犯罪自慢を大人になっても繰り返した小山田圭吾に対する日本中からの非難こそ時代の変化、これからを生きる日本人の率直な声である。

──何人からも、すなわち人類に属する何者からも、君とともにこの地球上に生きたいと願うことは期待し得ないとわれわれは思う。<br />

(ハンナ・アーレント著『イェルサレムのアイヒマン』大久保和郎訳、みすず書房)

人間はお前のおもちゃじゃないのだ。

【プロフィール】<br />

日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社を経てフリーランス。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)。近著『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート