【トラとら虎】阪神・大山「4番失格」ならVも危うい! 首位を守るチームの“援護射撃”にも限度 - イザ!

メインコンテンツ

トラとら虎

阪神・大山「4番失格」ならVも危うい! 首位を守るチームの“援護射撃”にも限度

空を切る大山のバット。4番の座を守れるか
空を切る大山のバット。4番の座を守れるか

オールスター戦に出場中の阪神の8選手のなかに大山悠輔内野手(26)の姿はない。人気チームの4番打者でありながら屈辱ともいえる蚊帳の外。ファン投票でも監督推薦でも選ばれなかったのは、ある意味、当然の報いではないか。

「それだけファンもよく知っているということだ。チャンスに弱く、一時は4番から外された。後半戦でも4番で押すのか。矢野監督も迷うところ」と球団関係者は歯がゆさを隠さない。

実際、前半戦に残した数字はとても4番打者とは思えない。本塁打10本、43打点も物足りないが、打率・245、出塁率・288に至ってはセ・リーグ規定打席到達者(27人)のなかで最下位。得点圏打率・213は26位。これでは他球団の4番打者、巨人・岡本和、ヤクルト・村上、中日・ビシエド、広島・鈴木誠、DeNA・オースティンと比べ、かなり見劣りするのはいうまでもない。

「どこが違うのか。一番の差は甘い球の打ち損じが多いところ。バットのヘッドが遠回りするのが一因だろう。新主将の立場からチャンスで何とかしたいという思いが強くてリキむ。ボールの見極めができない。余裕がない」と球団OBは指摘する。

昨年、4番に定着して打率・288、28本塁打、85打点。誰もがさらなる飛躍を信じて疑わなかったが、5月初旬に背中の張りで戦列を離れたあたりから調子を崩した。

「チームに迷惑をかけて申し訳ない」と殊勝な大山の救いは、チームが首位の座を守ってきたことだが、これとて周囲の支えが大きい。目下球宴出場中のマルテ、佐藤輝、近本、梅野、中野にサンズ、糸原らが続き、日替わりでヒーローになってリーグ最弱の4番打者を助けてきた。

もっとも、そんな援護射撃にも限度はある。交流戦後は得点力が低下して9勝14敗1引き分け。最大21あった貯金は15まで減った。後半戦では大山が借りを返す番と首脳陣はハッパをかけるが、4番定着すらおぼつかないのが現状だ。再び4番失格の烙印(らくいん)を押されるようだとチームの首位の座も危うくなる。(スポーツライター・西本忠成)

zakzak

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」