「人々が力を合わせ世界をより良く」ビジョン共有する大会へ 安倍前首相、五輪独占インタビュー コロナ、外交、次期衆院選など展望語る(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「人々が力を合わせ世界をより良く」ビジョン共有する大会へ 安倍前首相、五輪独占インタビュー コロナ、外交、次期衆院選など展望語る

東京五輪は、新型コロナウイルスの影響による史上初めての1年延期を経て、23日午後8時から、東京・国立競技場(新宿区)で開会式を行う。大会は史上最多の33競技、200以上の国と地域から1万1000人余りが参加する予定だ。コロナ禍で、大半の会場で「無観客」開催となったが、「平和でよりよい世界をつくる」というオリンピック精神は変わらない。2013年、アルゼンチン・ブエノスアイレスでの国際オリンピック委員会(IOC)総会で、五輪招致成功に導くスピーチを披露した安倍晋三前首相が開幕直前、夕刊フジの単独インタビューに応じた。東京五輪への期待や、新型コロナや日本経済の現状、外交・安全保障問題、次期衆院選の展望など、一気に語った。 (矢野将史、海野慎介)

――まもなく開会式だ

「東京と日本は8年前、『世界に感動を与える五輪・パラリンピックを実施する』と約束した。新型コロナという人類史的な困難に直面するなか、多くの人々が血のにじむような努力を重ねて開会式にこぎつけた。感無量というしかない」

――新型コロナで東京五輪の意義は変わったか

「コロナ禍にあって、多くの国々が当初、『自国ファースト』で動かざるを得なかった。まず、自国民の命を守り、マスクや防護服などの確保に走った。そして、ワクチンの開発や提供などで『世界が協力しなければ、コロナ禍は乗り切れない』という認識が広まった。人類は助け合わなければならず、五輪も国際的協力なくして開催できない。『人々が力を合わせて、世界をより良くしていく』。このビジョンを共有する五輪になると思う」

――開会式だけでなく、競技の多くも「無観客」開催だ

「とても残念だ。日本選手をはじめ、世界各国のアスリートは、多くの観客が観戦するなか、実力を十分発揮して、感動をともにしたかったと思う。観客もスポーツの力に勇気や希望を与えられる。首都圏の『無観客』を決めた5者(政府と東京都、大会組織委員会、IOC、国際パラリンピック委員会=IPC)も、そうした大会を実現したかったはずだ」

「苦渋の決断だったと思う。ただ、国民の支持がなければ五輪は開催できない。国民の方々の多くは『ここは慎重に無観客でいくべきだ』という気持ちだった。声援はテレビやネットを通じても送れる。感動も十分伝わってくる。私も自宅のテレビで開会式や競技を見るつもりだ」

――新規感染者が増えている現状をどう見るか

「感染者数は注目すべきだが、重症者数や死亡者数、病床の逼迫(ひっぱく)度が極めて重要だ。ワクチンの接種が進んでおり、1日120万回を超える日もある。重症化しやすい65歳以上の高齢者は、すでに8割以上が1回目の接種を終えた。この効果で、新規感染者に占める高齢者の割合が減っており、重症者数も減ってくることが期待される」――北海道での講演で大規模な経済対策を訴えていた

「緊急事態宣言下での五輪となるため、感染拡大防止に万全を期すことが重要で、経済効果は期待できない。生活の底支え、経済の下支えとなる、国民の方々が安心できる経済対策が必要だ。政府がすでに考えていると思う」

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  3. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…