東京五輪 渡名喜風南の日本初メダルにネット民沸き立つ 悔し涙に「こちらもウルっと」 柔道女子48キロ級 - イザ!

メインコンテンツ

東京五輪 渡名喜風南の日本初メダルにネット民沸き立つ 悔し涙に「こちらもウルっと」 柔道女子48キロ級

女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチ(右)に敗れたが、日本選手団初のメダルを獲得した渡名喜風南=日本武道館
女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチ(右)に敗れたが、日本選手団初のメダルを獲得した渡名喜風南=日本武道館

東京五輪第2日・柔道(24日、日本武道館)女子48キロ級決勝で、渡名喜風南(となき・ふうな、25)=パーク24=がコソボのディストリア・クラニスチと対戦。惜しくも敗れたものの、今大会で日本初メダルとなる銀メダルを獲得した。

今回が五輪初出場となる渡名喜は、足技と寝技を武器にする25歳。身長148センチと小柄ながら持ち前の負けん気も加わり、2017年の世界選手権を制した。準決勝では、24センチもの身長差がある好敵手、ウクライナのダリア・ビロディド(20)を下して決勝に進出した。

この銀メダルは、日本代表選手団が歴代の夏と冬のオリンピックで獲得した通算500個目のメダルに当たる。

決勝が終わるや否や、ツイッターにはテレビで観戦していた視聴者からのメッセージが殺到。「銀メダル獲得おめでとうございます!」「初出場で決勝までいけた事が素晴らしい」「良い組手で、お互いに引かずにぶつかってた。凄い決勝」「自分と同じくらいの身長の選手が海外の選手と果敢に戦ってる姿に勇気を貰いました」など、渡名喜の健闘を称える書き込みが多く寄せられた。

今大会初の日本勢のメダル獲得とあって、気分が盛り上がった人も少なくなかったようだが、それよりも目立ったのは、試合直後、悔し涙をこらえながら気丈にインタビューに応じる姿を見て励ますようなメッセージ。「頑張ったじゃないの。私は感動しました。胸を張ってください」「悔しいでしょうが、とても立派でしたよ。素晴らしかった」「本人が一番悔しい でもこんな(コロナ禍で不自由を強いられた)状況で獲れたメダルだ、すごいんだよ」「おめでとうございますは、悔し泣きしている選手に、どうしても言えないですが 渡名喜選手、よく頑張ったと褒めちぎりたい」など、労いの気持ちを含んだ賛辞がずらりと並んでいる。

また、渡名喜の心情に寄り添い「積極的な攻めがあっただけにくやしい」「いけそうだっただけに、悔やまれる銀メダルだったな 本人も悔しさ滲み出てた」「悔しそうな涙にこちらもウルっと」「自分の弱さが最後にでた…そんなことを試合直後のインタビューで言える渡名喜選手にリスペクト」といった共感のコメントも散見された。

このほか、「残念だが、次がある!」「(2024年大会の)パリでリベンジを」と早くも次期大会に向けたエールを送るユーザーも見受けられた。

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声