コンビニ食材で完成するレシピ本 人気料理研究家・リュウジさんの新刊に熱視線 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

コンビニ食材で完成するレシピ本 人気料理研究家・リュウジさんの新刊に熱視線

料理研究家・リュウジさんの新刊「お手軽食材で料理革命!リュウジのコンビニレストラン」(宝島社)
料理研究家・リュウジさんの新刊「お手軽食材で料理革命!リュウジのコンビニレストラン」(宝島社)

料理研究家のリュウジさんの新刊「お手軽食材で料理革命!リュウジのコンビニレストラン」(宝島社)が21日に発売された。SNSで人気の料理研究家の新刊は、ネットでも関心が寄せられている。

SNS総フォロワー数500万人超、数々の“バズレシピ”を開発し、多くのメディアで活躍しているリュウジさん。同書では、おにぎりやインスタント食品、冷凍&カット野菜、缶詰などコンビニエンスストアで購入できる食材を用いて作ることができる料理を紹介。ほぼ全てのレシピが10分以内に作れるものだ。

包丁は極力使わず、野菜が入っていた袋も調理に使用したりと洗い物も最小限。一皿で満足のごはんレシピからすぐに作れるおつまみ、糖質オフレシピ、デザートまで122のレシピを掲載している。

リュウジさんは同書について「コンビニ食材に対して『ジャンクで栄養が偏る』なんてマイナスイメージを持っている人にこそ、試してもらいたい。もう、コンビニだけで生きてゆけます」と胸を張ってコメント。また、発売日を迎えた21日にはツイッターで「この本の特徴は冷凍野菜をふんだんに使用して栄養バランスまで考えた構成になっていることです」とアピールした。さらに「ただのコンビニ食材かけあわせではありません」とし、「ガチでコンビニだけで生活して生きていくことを想定した本です」と紹介している。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係