新型アクア発売 性能向上に「燃費オバケ」と驚嘆 デザインは賛否両論 ヤリスと比較し「存在意義ある?」との指摘も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

新型アクア発売 性能向上に「燃費オバケ」と驚嘆 デザインは賛否両論 ヤリスと比較し「存在意義ある?」との指摘も

トヨタ自動車が19日に発売したハイブリッド専用車種「アクア」新型モデルの外観。プレスリリースから
トヨタ自動車が19日に発売したハイブリッド専用車種「アクア」新型モデルの外観。プレスリリースから

トヨタ自動車が19日に発売した新型「アクア」が、ネット民の間で注目を集めている。人気車種だけにユーザーの期待が大きかったようで、性能面や価格設定では肯定的な受け止めが多い一方、デザインについては、はっきり賛否が分かれた反響が寄せられている。

ガソリン車やディーゼル車の設定がないハイブリッド車(HV)専用の小型車の2代目モデルで、初代を発売した2011年以来、10年目で初のフルモデルチェンジとなる。新開発の高出力電池を採用し、加速性能を高めつつ燃費を約20%改善した。希望小売価格は198万円から。

ニッケル水素電池の部品を減らしてコンパクトにしたことで電池の積載量を増やした結果、出力は従来の約2倍に向上しスムーズな加速を実現。電気モーターだけで走行可能な場面が増えた。燃費はガソリン1リッターあたり35.8キロ(前輪駆動のBグレードの場合)。

同社のプリウスと並び、ハイブリッド車の普及に貢献した大ヒット車種の2代目とあって、ツイッターには関心を寄せるユーザーのコメントが多数集まっている。

「性能が全体的に上がったのは良いね!」との反響のとおり、性能向上については肯定的な受け止めがほとんど。「従来型でも十分燃費良かったのに、更に20%改善ってすげーな」「燃費オバケ」「モーターだけで80馬力かよ」など、燃費や出力が大幅に向上したことに驚く声が多く、「スペックコスパ見ると国民車の決定版みたいな車」との絶賛や、「これは気になる…試乗しにいかねば」と購入候補として検討し始めるツイ民も見られた。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート