恒松祐里、森田望智 朝ドラ女優が世界に発信した「女優魂」(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

恒松祐里、森田望智 朝ドラ女優が世界に発信した「女優魂」

ポストセブン

もう1人が、朝ドラでは7月19日から始まる「東京編」でヒロインの先輩役を演じる森田望智(24)だ。森田は『全裸監督』で伝説のAV女優・黒木香を熱演した。

衝撃的だったのは、「シーズン1」(2019年)でセックス中にホラ貝を吹くシーンだ。

カメラを抱えて正常位で激しくピストンする山田に「それじゃぁ足りないのぉ」と叫んでバックの姿勢を取る森田。山田が後ろから突くと、森田のバストが小刻みに打ち震える。そのまま「プー、プー、プー」とホラ貝を3回吹いた彼女は「もう私の好きにさせて!」と身体をくねらせ、背面騎乗位の体勢になって腰を激しく動かす。

前出・安田氏が言う。

「『全裸監督』は世界190か国以上で配信され、アジア圏を中心に世界中で盛り上がりを見せています。激しい濡れ場を披露した女優が同クールのNHK朝ドラに出演するなんてひと昔前までは考えられませんでした。2人の女優の決意をお堅いNHKも認めたということでしょう」

サプライズ出演となったのが女優の西内まりや(27)だ。2014年に歌手として日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。女優としても数々の作品で活躍したが、2018年に所属事務所を退所してからは表立った活動をしていなかった。

そんな彼女が「シーズン2」で4年ぶりに女優復帰。体当たりの演技に挑んだ。

西内演じるホステスは、ソファに座るヤクザの親分(國村準)の前に膝をつき、下腹部に顔をうずめる。

ボディコンのスカートを腰までたくし上げて男の膝の上に跨ると、Tバック姿の豊満なヒップが姿を現わす。たまらず國村が尻を鷲掴みにすると、西内はゆっくりと腰を大きくグラインドさせる。騎乗位で下半身を動かしながら喘ぎ声を出す西内は、汗ばみながら恍惚の表情を浮かべる。

「西内さんは事務所退社後はテレビ業界から離れていました。『全裸監督2』にはコカイン使用容疑で逮捕されたピエール瀧も出演している。改めてNetflixは日本のしがらみの“外”にあるメディアだと認識しました」(安田氏)

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事
  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ