朝ドラおかえりモネ、百音と明日美の同居に“全裸ファン”大興奮「黒木香と乃木真梨子の対面あるかもw」

イザ!
永浦百音(清原果耶、左)と野村明日美(恒松祐里) (C)NHK
永浦百音(清原果耶、左)と野村明日美(恒松祐里) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第48話が21日、放送され、SNSで、ネットフリックスで配信中のドラマ「全裸監督」が話題になる一幕があった。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは現在、第10週「気象予報は誰のため?」(46~50話)が放送中で、気象予報士試験に受かった百音の東京での生活がスタートした。

上京後、築地にある銭湯をリノベーションしたシェアハウス「汐見湯」に住むことになった百音。自身が気象に興味を持つキッカケを与えた気象キャスター、朝岡覚(西島秀俊)がいる気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」への入社を目指す百音は、入社面接の前にその場所を下見をしようと、1人で会社を訪れた。そこで、登米で出会った気象予報士の野坂碧(森田望智)と内田衛(清水尋也)に再会。百音はそのまま野坂たちにテレビ局へと連れていかれ、意外な形で自分が普段テレビで見ていた気象放送の世界に足を踏み入れる。

第43話で、百音が汐見湯に帰ろうとしていると、そこに、地元の幼なじみ、野村明日美(恒松祐里)から連絡が入った。明日美は一足早く上京し、原宿のショップ店員として働いていたが、訳あって住んでいたところにいられなくなり、百音と一緒に汐見湯に住むことになった。期せずして幼なじみと同じ場所で暮らすことになり、うれしさのあまり2人で騒いでいると、百音のもとに野坂から緊急の連絡が入った。

この展開に「全裸監督」ファンが大盛り上がり。というのも、森田と恒松の2人はこの作品に出演しており、物語のなかで重要なキャラクターを体当たりで演じている。森田は、主人公、村西とおる(山田孝之)に大きな影響を与えるセクシー女優の黒木役を熱演。恒松は最終的に村西の妻となるセクシー女優、乃木真梨子役で出演している。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図