ワクチン証明 5カ国と合意 韓国、エストニアも

産経ニュース
会見に臨む加藤勝信官房長官=21日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=21日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人が、渡航先で2週間待機などの防疫措置免除を受けるためのワクチン証明書について、イタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランドの5カ国と使用開始で合意したと発表した。他の国とも交渉を進めており、約30カ国で使用可能となる見通し。

政府によると、5カ国のほか、韓国では防疫措置免除に必要な書類の一つとして使用できる。エストニアはワクチン接種の有無に関わらず防疫措置を行っていない。使用可能国は今後、外務省ホームページで更新していく。

証明書を提示すれば、相手国に入国する際の隔離や検査などが免除される。当面の間、日本への入国時は2週間待機などの防疫措置が通常通り必要。証明書は全国の市区町村の窓口で26日から申請受け付けを開始。接種券や旅券などが必要になる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故