【TV視てますか?】見逃せない小芝風花と中島健人の共演 「彼女はキレイだった」 - イザ!

メインコンテンツ

TV視てますか?

見逃せない小芝風花と中島健人の共演 「彼女はキレイだった」

 フジテレビ・カンテレ系火曜夜9時のドラマ『彼女はキレイだった』は、タイトルもイミシンでなかなか面白い設定のラブストーリーだ。

 中島健人(Sexy Zone)と小芝風花のW主演。子供の頃、いじめられっ子だったさえない太っちょ少年の宗介と優等生美少女の愛。2人は両思いでもあった。宗介は家の事情でアメリカへ。愛の家は家業が傾き、いまや無職の残念女子。そんな愛に「帰国するので会いたい」と突然のメール。ところが、待ち合わせ場所に現れた宗介はまったく見違えていた。愛は幻滅されたくないと急遽(きゅうきょ)、親友の梨沙(佐久間由衣)を代役に立てる。

 その後、愛は大手出版社に採用され、総務部からファッション誌編集部へ。そこに現れたのが、アメリカからやってきたイケメン副編集長の宗介だった。彼は愛が初恋の相手とは気づかず、ミスをなじり、しかも初恋の相手と「同姓同名」であることにいらつく。そのくせ、彼女を「総務部!」としか呼べない。最悪の「最恐毒舌エリート」だ。愛は「こんな男、昔の宗介じゃない」と憤り、吹っ切って仕事に打ち込む。また梨沙、編集部の先輩(赤楚衛二)を加え、お定まり四角関係にも発展する…。

 知らないで見ていたが、実は韓国のヒットドラマのリメーク。なるほど、愛の実家の感じは、あのアカデミー賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』っぽい。一家で営む印刷所が倒産。父親役の菅原大吉の髪形から困窮ぶりが伝わる。ともかく、斬新で飽きさせないストーリー展開はまさに韓流かも。

 小芝は『トクサツガガガ』『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』、先日の『超速パラヒーロー ガンディーン』と絶好調。中島はそれこそ『パラサイト』がオスカーに輝いた授賞式のレッドカーペット取材を英語でこなし、WOWOWで放送中の映画情報の冠番組『中島健人の今、映画について知りたいコト。』でMCも務めている。突出した活躍を見せている2人の共演は見逃せない。  (新橋のネクタイ巻き)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート