持久走後に児童死亡 外部調査委を設置 大阪・高槻

産経ニュース

大阪府高槻市の市立小学校で今年2月、小学5年(当時)の男子児童が体育の授業で持久走をした後に搬送先の病院で死亡した事故で、市教委は20日、外部の有識者で構成する学校事故調査委員会を設置した。事故原因を詳しく調査するとともに再発防止策について提言するとしている。

市教委によると、2月18日午前9時ごろ、児童はグラウンドで行われた体育の授業で、自分のペースで走る5分間の持久走をした際、体調が急変。搬送先の病院で死亡した。児童が倒れた際には、あごの部分にマスクがかかっていたという。小学校では、国の通知に基づき「体育のときはマスクを外してもいい」としながら、「感染など心配な人は着けてもいい」とも指導していた。

市教委はどのタイミングでマスクがずれたかは確認できていないとしており、外部の有識者3人で構成される調査委員会が原因を究明する。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた