夏ドラで目立つ“ショートカット” ヘアスタイルにも「働く女性」の変化の現れ - イザ!

メインコンテンツ

夏ドラで目立つ“ショートカット” ヘアスタイルにも「働く女性」の変化の現れ

 うっとうしい梅雨もそろそろ終わりを告げ、夏がやってくる。それと同時に7月スタートの夏ドラマもいよいよ本格化しているが、どうもショートカットが目立っているようだ。といっても、ストーリーなどを端折っているわけではなく、ヒロインのヘアスタイルのことだが、とてもすがすがしい。

 「やはり夏真っ盛りの時期に、テレビでロングヘアというのも見ていてどこか暑苦しいというのもあるんでしょうね」とはテレビ誌編集者の言葉だが、今シーズンの連続ドラマでは、ショートヘアでさっそうしたヒロインが注目されている。

 夜間の救急医たちの奮闘や活躍を描く『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の主人公を演じる波瑠(30)は言うまでもなく、15日からスタートする『推しの王子様』(同)でベンチャー企業の社長役を務める比嘉愛未(35)もがっつりショートだ。

 「波瑠はもともとはロングでしたが、ショートにしてブレークしました。比嘉は昨年秋に短くしてイメージを一新。しかし美しさが際立っていると評判です。比嘉は、適応障害で休養中の深田恭子の代役ではありますが、やり手経営者としてはショートヘアがよく似合っています」とは女性誌編集者。

 ショート美女はほかにもいる。二階堂ふみ(26)は13日からスタートした『プロミス・シンデレラ』(TBS系)に主演。男子高校生に振り回されるバツイチアラサーという役どころに挑んでいる。

 そして、まさかのおかっぱ頭を披露しているのが『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)の永野芽郁(21)。ポンコツ新米警官役をはつらつと演じているが、おかっぱ頭がコミカルさも生んでいる。

 「最近の連ドラは、一昔前のOLの恋愛ものよりも、ヒロインもバリバリと働くキャリアウーマンであったり、医師や警察官のような職業女性であったりというのが当たり前になってきています。それを考えると、働きやすいヘアスタイルのほうがリアリティーはありますよね」と先の女性誌編集者は指摘する。

 女性たちの躍進が、髪形にも現れているというわけか。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」