小島瑠璃子 破局を機に下ネタOKの“ぶっちゃけキャラ”に路線変更か - イザ!

メインコンテンツ

小島瑠璃子 破局を機に下ネタOKの“ぶっちゃけキャラ”に路線変更か

ポストセブン
「いたす」発言で話題になっているこじるり(右は原泰久氏。2020年)
「いたす」発言で話題になっているこじるり(右は原泰久氏。2020年)

「いたさないと怖いです。いたす前に付合うってどういう勇気? と思う。人間性とか出るじゃないですか。いたし終わった後のテンポ感が合う、合わないとか。そういうのを見てから決めたい」──。7月6日放送の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)での小島瑠璃子(27)の発言が話題だ。

漫画『キングダム』作者・原泰久氏(46)との破局報道が出た直後の同番組で、長谷川京子から「付き合う前にいたすか、いたさないか」を問われた小島のこの答えに、スタジオにはどよめきが起きた。

〈こじるり、どうしちゃったんだ〉<br />

〈サラッとすごいこと言い出した〉

と、SNSでも驚きの声が上がったが、実はこの放送の1週間前にも小島は“ビックリ発言”をしていた。

6月30日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にゲスト出演した小島は、お笑い芸人・AMEMIYAの所有するテレビのメーカーが「A-Stage」という聞き慣れないものだったことが紹介されると、ポツリとひと言、こう漏らしたのだ。

「なんか、AVメーカーみたい」

番組ではテロップ付きで放送されたこのコメントだが、他の共演者は何も反応せず。松本人志だけが苦笑い。芸能ジャーナリストの三杉武氏が語る。

「おそらく有力メーカーの『プレステージ』を連想したのだと思われますが、有名女優の名前ならまだしも、メーカー名まで彼女が知っていたとは驚きです。かなり踏み込んだ発言だと感じました」

小島の“キャラ変”についてもこう続ける。

「原氏との交際発覚時、一部で略奪愛報道が出たことで、好感度が一気に下がった。とくに同性からのバッシングが多く、これまでのような“いい子キャラ”を貫くのは限界でした。

そこで破局を機に下ネタOKの“ぶっちゃけキャラ”路線に活路を見出したのでしょう。このポジションにはダレノガレ明美がいますが、いまはやや露出が減っている。その椅子を狙いに来たのはさすがです」(同前)

女は恋の数だけ強くなる?

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」