丸川五輪相、小山田さん続投「理解できないと伝えた」

産経ニュース
丸川珠代五輪担当相=20日午前、首相官邸(春名中撮影)
丸川珠代五輪担当相=20日午前、首相官邸(春名中撮影)

丸川珠代五輪相は20日の記者会見で、五輪開会式の楽曲制作担当だったミュージシャンの小山田圭吾さんの辞任をめぐり、東京五輪・パラリンピック組織委員会が当初、辞任を否定していたことに対して「理解できない」との意向を伝えていたことを明らかにした。

丸川氏は会見で組織委とのやり取りについて聞かれ、「最終的には組織委が判断したと認識している。少なくとも私自身は(辞任を否定した)組織委の当初の考えについて『理解できません』と申し上げていた」と述べた。

小山田さんは過去に雑誌のインタビューで学生時代に障害のある生徒をいじめていたことを告白。五輪開幕直前に問題となったが、組織委は当初、「現在は高い倫理観を持って創作活動に献身している」として担当を続けさせる意向を示していた。

丸川氏は「共生社会の実現に向けた心のバリアフリーの精神を伝えることに取り組んできた。政府としては大会の精神がしっかり共有されるよう努力したい」とも述べた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは