「こち亀」201巻10月発売でファン胸熱 「ゴルゴ13」のギネス記録に並び「警察官VS暗殺者の平和な争い」との声も(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「こち亀」201巻10月発売でファン胸熱 「ゴルゴ13」のギネス記録に並び「警察官VS暗殺者の平和な争い」との声も

また、「先生の未来予測能力がすごい!」との書き込みがあるように、「ケータイの恋愛ゲームで、ゲーム上の女の子の要求に従って課金しまくる…っていう話」「ケータイが出始めたころ、家の中なのに家族がケータイで話すようになるといったもの。『そんなばかなw』って思ってたのが、割とあるあるになってた」など、流行が与える影響を的確に予測した描写を高く評価するユーザーも少なくない。

「区切りがついた作品だからこそできる面白い事も沢山あると思う」「1年に1巻ずつ自分のペースで単行本だけ出して欲しい」など、連載の縛りにとらわれず、不定期で描き続けてほしいとの要望も続々と寄せられている。

「ゴルゴ13」の記録に並んだ点については、「ゴルゴ13に抜かれて秋本先生の闘志に火が付いたのかな」「先に200に到達していたこち亀が、ゴルゴ13に抜かれるのを待っていたということかな」など、深読みするつぶやきもちらほら。「続けて202巻も刊行したら再び秋本先生はギネス認定されて、ゴルゴ13が追いつき追い越しする度に両先生はギネスを貰い続けることができるネ」「警察官VS暗殺者の平和な争い」など、2作でいたちごっこを繰り広げる想像を膨らますツイ民もいた。

このほか、同誌連載中の冨樫義博さんの作品で18年11月から休載中の「HUNTER×HUNTER」を引き合いに出した、「連載の終わったこち亀に新刊が出るのに連載中のHUNTER×HUNTERに新刊が出ない不思議な世界」とのツッコミも見られた。

  1. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性
  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも
  5. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?