サッカー南ア代表でコロナ3人陽性、濃厚接触者21人…ネットは大会存続を不安視?「試合成立する?」「ほかの競技でも…」  - イザ!

メインコンテンツ

サッカー南ア代表でコロナ3人陽性、濃厚接触者21人…ネットは大会存続を不安視?「試合成立する?」「ほかの競技でも…」 

開会式が行われる国立競技場
開会式が行われる国立競技場

東京五輪に参加する南アフリカのサッカー男子代表チームの3人が、東京・晴海の選手村滞在中に新型コロナウイルス検査で陽性となった問題。この話題は、ネットユーザーたちにとっても大きな関心ごとのひとつになっている。

22日の1次リーグ初戦で日本と対戦する予定の南ア。産経ニュースによると、東京五輪・パラリンピック組織委員会が19日、21人の濃厚接触者が確認されたと発表した。陽性となったのはジェームズ・モニャン、カモヘロ・マーラツィ両選手と、映像分析スタッフ1人で、3人は既に村外の宿泊療養施設に移動している。3人と行動を共にした人は濃厚接触者となる可能性があり、全員が自室で待機。練習もしていないという。

選手向けのコロナ対策の規則集「プレーブック」では、濃厚接触者の競技参加は、毎日のPCR検査で陰性となることや、国際競技連盟の同意、専門家グループによる健康状態の判断などが条件と規定されていた。政府や組織委は、競技開始6時間前以降のPCR検査で陰性なら出場を認める方針を固めている。

この一報を受け、ツイッターでは「南ア・サッカー選手感染」「チームの21人濃厚接触者判定」というワードがトレンド入りする事態となり、「コレ、試合できる状態じゃないんと違う?」「試合成立するのかね?」など、今後の成り行きを危惧するコメントが並んだ。

また、TBSのニュースが、陽性が判明した選手は隔離期間中は大会に出場できないことと、濃厚接触者となった選手が、相手チームから了解などが得られ、試合開始の6時間前の検査で陰性となった場合は試合に出場できるなどと報じたことも注目を集め、「相手チームが嫌って言った時はどうなるの?」「承認しなかったら扱いどうなるの?承認しなかった側の不戦敗?不戦勝?どっち?」といった疑問の声も寄せられた。

開幕前からこのような事態に見舞われたことで、大会自体の今後について心配するネットユーザーも多く、「これからもこういう事態はありそうだな」「ほかの競技でも起こる可能性があるよ」といった書き込みも散見。今回は試合前に判明したケースだが、「試合後の検査で陽性だったらどーすんの!?」という投稿も見られ、「ほんとに難しいオリンピック」「有観客での開催はおろか、大会の存続すら早くも危うくなってきた」など、今後の競技や大会運営への影響を懸念する書き込みが相次いでいる。


  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも