“さすが”の4位、ゴルフ五輪代表・稲見の活力源は「平野歩夢さん」 - イザ!

メインコンテンツ

“さすが”の4位、ゴルフ五輪代表・稲見の活力源は「平野歩夢さん」

バーディーフィニッシュでこの日一番の笑顔
バーディーフィニッシュでこの日一番の笑顔

 東京五輪代表の稲見萌寧(20)が“さすが“を見せてくれた。最終18番で3メートルのバーディーを沈めて69、4位タイでフィニッシュ。「トップ5に入るのと外すのは差がある。70と69も全然違う」。常に“もうひとつ上…”を望む向上心はすごいものがある。

 4位タイの賞金500万円を加え、2020年と統合された今季の獲得賞金は1億4525万216円。トップの小祝さくらに約240万円差に詰め寄るも、「残り1カ月、残り数試合になったら意識しますけど、まだ全く頭にありません」。

 そんな稲見はいよいよ日の丸を背負っての“五輪モード”に突入する。今週22日開幕の「大東建託・いい部屋ネットレディス」(北海道)は欠場し、24、25日の2日間、五輪会場である霞が関CC(埼玉)のコースを下見。8月4日の本番に備える。「コースを改造してから一度も行ってない。グリーンの硬さとかラフの状態、練習ラウンドなので軽めに下見してこようと思ってます」

 さらに“五輪モード”に火を着けてくれる存在もいる。「スポーツ番組ってほとんど見ないんですが、唯一見るのが冬のハーフパイプなんです。今度、夏にも平野歩夢さんがスケートボードで出る。そこは見たいし、興味がありますね」

 五輪直前には29日開幕の「楽天スーパーレディス」(兵庫)に出場し最終調整。「ホステス大会だし、初日は誕生日(21歳)なので頑張りたいな」。ええ、五輪への弾みのためにも、そうあってほしいです。 (清水満)

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも