中村獅童「九月南座超歌舞伎」製作発表 「ミクさんは踊りもセリフも絶~ッ対に間違いません!」 - イザ!

メインコンテンツ

中村獅童「九月南座超歌舞伎」製作発表 「ミクさんは踊りもセリフも絶~ッ対に間違いません!」

サンスポ
「九月南座超歌舞伎」の製作発表会見に出席した中村獅童
「九月南座超歌舞伎」の製作発表会見に出席した中村獅童

歌舞伎俳優の中村獅童(48)が17日、大阪市内で「九月南座超歌舞伎」(京都・南座、9月3~26日)の製作発表会見に出席した。

バーチャルシンガーの初音ミクとコラボした超歌舞伎は2016年に千葉・幕張メッセイベントホールでスタート。南座でも19年8月に上演されたが、昨年はコロナ禍で中止となっていた。

「いま、やってる撮影の関係で、こんなムサ苦しいヒゲ面で申し訳ございません」と登壇した獅童は「萬屋」「初音屋」など6種の音声も出るペンライトを手に、「コロナ禍で(大向こうの)声は出せませんが、ストレスの多い世の中、これを思う存分振ってもらって少しでも発散していただけたら」とPR。

3歳の愛息、陽喜(はるき)くんも大ファンで、七夕の短冊に「超歌舞伎に出られる人になれますように」と願い事を書き、超歌舞伎のマネをしているという。

公演では、4月に幕張で初演され、初音ミクが初めて悪役に挑んだ「御伽草子戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ)」と、南座で初お目見得の舞踊「都染戯場彩(みやこぞめかぶきのいろどり)」を上演。

「ミクさんは悪役も完璧。踊りもセリフも絶~ッ対に間違いません! 並々ならぬ努力をされてるんじゃないか。素晴らしい。見習わないと」とジョーク交じりに「役者同士の絆が深まっております」という相手役の初音ミクを絶賛していた。

  1. マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
  4. 【岸田首相記者会見】「Go To再開へ準備」