小山田圭吾、いじめの“黒歴史” ネット炎上も五輪楽曲担当は続行 SNSで謝罪 - イザ!

メインコンテンツ

小山田圭吾、いじめの“黒歴史” ネット炎上も五輪楽曲担当は続行 SNSで謝罪

小山田圭吾さん
小山田圭吾さん

東京五輪・パラリンピックの開会式で楽曲制作の担当に起用されたミュージシャンの小山田圭吾(52)が16日、過去の雑誌インタビューで語った学生時代のいじめについてツイッター上で謝罪文を発表した。

大会組織委員会が14日に小山田ら閉開会式のクリエーティブチームを発表した直後から、ネットでは小山田の過去の発言が掘り起こされた。

1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)と95年8月発行の「クイック・ジャパン」(太田出版)で、学生時代に同級生を箱に閉じ込めたり、障害のある生徒をからかったことを笑い話にし、「全裸にしてグルグルに紐巻いて」「バックドロップしたり」と語っており、「『多様性と調和』をコンセプトに掲げる大会には不適格」などの批判が相次いだ。

小山田は16日、いじめなどを認め「深い後悔と責任を感じております」などと謝罪。組織委は、発言を「不適切」としつつも楽曲担当の辞任や解任はしない方針。

小山田は小沢健二(53)とのユニット「フリッパーズ・ギター」で人気となり、1993年「コーネリアス」名義でソロ活動を始めた。

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で
  5. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも