鈴木保奈美 石橋貴明との離婚前に「おひとりさま準備」で3億ション購入していた - イザ!

メインコンテンツ

鈴木保奈美 石橋貴明との離婚前に「おひとりさま準備」で3億ション購入していた

ポストセブン
石橋貴明との離婚を発表した鈴木保奈美
石橋貴明との離婚を発表した鈴木保奈美

「私事で恐縮ですが 私共石橋貴明と鈴木保奈美は離婚したことをご報告致します」──突然、発表された離婚。タレントの石橋貴明(59)が、鈴木保奈美(54)との離婚を自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で発表した。

「石橋貴明、鈴木保奈美から大切なお知らせ」というタイトルで、画面にはテキストのみが並ぶスライドショーの形で動画を公開。「子育てが一段落した事を機に今後は所属事務所社長と所属俳優として新たなパートナーシップを築いて参ります」と記した。

1998年11月に結婚し、20年余りの結婚生活を送ってきた2人。最近は、2人の関係がギクシャクしていることが報じられていた。なかでも女性セブンは、鈴木が昨年9月、マンションを購入していたことをキャッチしていた。

“新居”は、トレンディードラマで名を馳せた鈴木らしい、誰もがうらやむ都内の超一等地に建っている。それは鈴木が出演するドラマに若者がかじりついていた頃に建った、瀟洒なビンテージマンションだ。

「都内でも随一の資産価値を誇る不動産が多いエリアで、5年ほど前から価格が急上昇。鈴木さんが購入されたのは、総合的に考えて、3億円は超えるでしょう。これから年月が経っても、価値はそれほど下がらないでしょうね」(不動産関係者)

さらに驚くべきことがあるというのは、芸能関係者だ。

「それほど高額な物件を現金一括で購入したらしいんです。ドラマや映画だけでなく、バラエティー番組にも出演して“再ブレーク”中の彼女には、金銭的な問題はあまりないかもしれません」

このマンションの名義が、鈴木の個人名義で購入している点がいろいろな憶測を呼んでいた。それが、「おひとりさま準備」だったようなのだ。

ここ数年、鈴木と石橋には“不仲説”が幾度となく取りざたされてきた。ドラマ関係者が語る。

「石橋さんは束縛が強いタイプで、2011年に保奈美さんが女優に本格復帰する際には、“撮影が長引いても必ず自宅に帰る”“夕方には必ず連絡を入れる”という条件を出した、と報じられています。保奈美さんは、勘を取り戻すためにも女優業に打ち込みたいのに、石橋さんから仕事の制限をされて、周囲に不満を漏らしていたとか。夫にアレコレ言われて、ウンザリというのが、彼女が長年持っていた正直な気持ちなのかもしれません」

さらに、その“不仲説”に拍車をかけたのが2018年に鈴木が出演したドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)だ。このドラマで、鈴木は『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりに織田裕二と共演している。前出の芸能関係者が語る。

「この共演が、石橋さんにとっては面白くなかったのでしょう。ドラマの制作発表会で、鈴木さんが“当時は織田裕二っていう人をちゃんと見てなかった。今回はじっくり見てやろうと思っています”と言えば、織田さんも違う場で、“知的だしキュートだし、27年前と全然変わっていない”“やっぱりステキな女性”と褒めちぎる。石橋さんの嫉妬心が強まらないか、周囲はヒヤヒヤだったようです」

鈴木は近年、仕事が増えており、昨年はドラマ2本のほかにも多くのバラエティー番組に出演している。一方で、石橋は2018年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了してからは仕事が激減。主な活動の場をYouTubeに移している。

「テレビでの仕事量が逆転するにつれて、2人の関係はますますギクシャクし始めたようです。以前に比べると石橋さんが自宅にいる時間も長くなったため、2人が顔を合わせる機会が増えた。“ひとりになりたい”という思いが高まって、個人的に別宅を購入した一面もあったようです」(前出・芸能関係者)

鈴木は昨年2月、『婦人公論』の対談で家庭生活についてこんなことを語っていた。《なぜこれほど気をつかって家族のために時間を使わないといけないんでしょう》、さらに自宅の自分の部屋については《ないんですよ……。子どもはそれぞれ部屋があるのに、「あれっ、私は?」って思いますよね》と漏らしていたから、この頃には、新居の購入を考えていたのかもしれない。

夫婦というかたちではなくなったが、2人は今後もそれぞれ違った形で活躍を見せてくれるだろう。

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は