「呪術廻戦」連載再開でファン歓喜「ついに来たか…呪術再開!」「無理しないでマジで」「ついでにハンターハンターも…」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「呪術廻戦」連載再開でファン歓喜「ついに来たか…呪術再開!」「無理しないでマジで」「ついでにハンターハンターも…」

人気漫画の「呪術廻戦」(写真はコミックスの第14巻)
人気漫画の「呪術廻戦」(写真はコミックスの第14巻)

集英社が発行する「週刊少年ジャンプ」の人気漫画で、作者・芥見下々(あくたみ・げげ)氏の体調不良により6月21日発売の29号から休載していた「呪術廻戦」が、8月2日発売号で連載を再開することが16日、同誌の公式ツイッターで発表された。SNSでもトレンド入りするなど関心を集め、ファンは「ついに来たか…呪術再開!」などと大盛り上がりしている。

「週刊少年ジャンプ」のツイッターは【連載再開のおしらせ】と題した投稿で、「8月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ35号にて、#呪術廻戦 の連載が再開いたします。今後とも応援よろしくお願いします」と報告。ファンが即座に反応し、ツイッターでは「連載再開」のワードが上位にランクインした。

6月には芥見氏の体調不良を理由に、「呪術廻戦」の公式ツイッターが当面の休載を発表。当時、同氏自身は執筆継続を望んでいたが、編集部と協議の結果、一定期間休んで体調の回復を図ることを優先。同氏は読者に対し休載を詫びつつ、「期間は一月(ひとつき)ほどになります。体調を崩したとは言っても大病したわけではなく、メンタルは通常運転なのでご心配には及びません」と説明していた。

人気作の再開を待ちわびたファンは「おかえりなさぁぁぁぁい!!!」「ついに来たか…呪術再開!」「やったーーーーーー!!!嬉しい!!!!!」「絶対買います!!」などと大興奮。「こ、ここまで長かったじぇ」「待ってた!!!がんばれぇぇぇっぇぇ!」などと吉報に喜びを爆発させている。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人