死刑確定の筧千佐子被告 最後の面会で語った「最初の旦那は殺していない」 - イザ!

メインコンテンツ

死刑確定の筧千佐子被告 最後の面会で語った「最初の旦那は殺していない」

ポストセブン
死刑が確定した筧被告が語ったこととは
死刑が確定した筧被告が語ったこととは

妻に先立たれた、あるいは離婚した高齢男性の後妻となり、全財産をむしり取るやり方を「後妻業」と呼ぶ。2007年から2013年にかけて、夫や交際相手の男性4人に青酸化合物を飲ませて3人を殺害し、平成の世に「後妻業」という言葉を知らしめた筧千佐子被告(74才)は、6月29日、最高裁が弁護側の上告を退け、死刑が確定した。この事件を長年取材し続けてきたノンフィクションライターの小野一光氏が、判決後の筧被告と面会。最後の取材で最大の疑問を彼女にぶつけた。

* * *

2021年7月5日、大阪拘置所12番面会室。小窓がついた正面の扉が開くと、白髪を肩の下まで伸ばした小柄な老女が姿を現した。

白地に青と赤の花柄が入ったシャツに、水色の膝丈ズボン。マスク姿の彼女は挨拶を交わすでもなく、まずアクリル板越しに声を張り上げた。

「あのねえ、私、耳が遠いやろ。やから話すときは声をワントーン大きくして。そうやないと聞こえんから」

一気に過去の記憶が蘇る。そうそう、この感じだった。まず自分の言いたいことを主張する。それでこそ彼女だ。

先ほどまではてっきり会ってくれないだろうと思っていた。もしくは、面会室に入ってきても、私の顔を見た途端、踵を返して出ていくのではないかと悲観的な予想をしていた。なぜなら私はこの3年4カ月前、当時京都拘置所にいた彼女に対し、面会時に彼女が説明してきたことと私の取材でわかったことの矛盾を問い質したことで、三下り半を突き付けられていたのだ。計22回の面会を行うなか、頻繁に送られてきていた手紙もぷつりと途絶え、以降、私の面会の申し込みには一切応じなくなっていた。

筧千佐子、74歳。

結婚や交際をしてきた相手に対する、3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪に問われた「近畿連続青酸死事件」の被告である。なお、事件化されたのは4人に対してであるが、私自身の取材では、その4人を含め、計11人の不審死が確認されている。

最高裁で、1、2審で下された死刑判決は不当とした弁護側の上告が棄却されたのは、この面会の6日前である6月29日のこと。

判決が下された翌日から14日後に死刑が確定すると、それ以降は、基本的に家族や弁護人以外との面会はできなくなる。もちろん、例外的に面会できるケースもあるのだが、それが適用されることはほとんどない。

そのため彼女と話すことのできる最後の機会との思いで、断られることを覚悟して、大阪拘置所にやって来たのだった。だがそれは拍子抜けするほどに、あっけなく叶えられた。

「ご無沙汰しています。こないだ最高裁で判決が出たでしょ。それでもう会えなくなるから、今日は千佐子さんに最後のご挨拶ができればとやって来ました」

私がそう口にすると、彼女は表情を変えずに切り返す。

「まあね、私も覚悟してるから。生きる気力もなくなって、明日、1年後、3年後、まったくわからんからね。そうや先生、私が死ぬのわかったら、教えに来て」

以前から千佐子は私のことを「先生」と呼ぶ。たぶん他の記者に対しても同じだろう。どう思っているかということではなく、便利な呼称として使っているのだ。

「教えに来てって……」

私が言葉に詰まると、彼女はアクリル板に顔を近づけ、速射砲のように話し始めた。

「そら、怖さがないと言ったら嘘になるよ。もともと小学校の頃から怖がりなんやから。せやから、(死刑については)あえて思わないようにしてるんよ。これからなにしたいとか考えたら、よけい落ち込むわ。もうね、明日なに食べるかとかしか考えとらんのよ」

ふだんは弁護士から差し入れてもらった本を読んだり、房内で流れるラジオを聴いたりして過ごしているという。私が被害者への気持ちを尋ねると、千佐子は顔の前で手を左右に振り、突き放す。

「もうね、私は裁判ですっかり悪い人にされとるからね。なんとでも思ってくれたらいいわ。それだけ」

千佐子はこれまでに、被害者への謝罪をほとんど口にしていない。京都地裁での裁判のなかで、とある被害者へのいまの気持ちを聞かれた際も、次のように答えている。

「申し訳なかったのが50パーセント。やっぱり彼に対して不信感、腹立たしい気持ちが50パーセント。それは複雑です」

このように、自分の犯行について、相手に非があったかのような物言いを繰り返すのだ。彼女には、物事が自分の思い通りに運ばないことに対して、常に強い被害者意識を抱く傾向がある。私自身も過去の面会時に、大学に進学させてもらえなかったことや、最初の結婚時、嫁ぎ先で夫の親族に蔑まれたことなどの愚痴を幾度も聞かされてきた。常に自分は弱者であるとみなし、相手が悪いとしたうえでの、「ルサンチマン(怨恨・憎悪・嫉妬の感情のうっ積)」が、一連の犯行に繋がっている気がしてならない。

私はすでに最高裁の判決も出ているのだから、いまならこれまでに話せなかったことを話せるのではないかと口にした。そして、犯行に使用した青酸化合物はどのように入手したのか聞く。

「青酸を手に入れる手腕がないもの。あんな危険なもの。そんなん知りません。私ももう72やからね。それすら忘れてる」

「千佐子さんは72やなくて、74でしょ」

「え、そやった? 私の歳は72で止まったままなんよ。あとね、私の過去は全部消えたんよ。これまであれやこれや、起きたことを書いてたメモを弁護士に渡したからね。それがないと、もうなんも思い出せんの」

京都地裁での公判や、その判決後に私と繰り返した面会のなかでも、千佐子は記憶の減退を訴えていた。それは最高裁の判決が出ても変わらないようだ。私はもうひとつ、この機会に聞きたいと思っていたことを質問する。

「千佐子さんね、もうこの際だから聞くけど、最初の旦那さんは殺害してないの?」

千佐子は最初の夫である矢野正一さん(仮名)と1969年10月に結婚すると、実家のある福岡県北九州市を離れ、大阪府貝塚市に移り住んで2児を産んでいた。同所で印刷会社を立ち上げた正一さんは、事業が傾いたことで借金を重ね、1994年9月に54歳で亡くなっている。体調を崩して入院を重ねるなか、退院して自宅に帰ってきたタイミングでの死だった。そのとき千佐子は47歳である。以来、彼女は結婚相談所を通じて出会った男性と交際を繰り返し、相手の男性が次々と亡くなっていた。なお、裁判でも青酸化合物の入手先は特定されなかったが、千佐子は公判中の被告人質問で、印刷会社に出入りする業者から「プリントをミスした際に消すための薬品」として貰ったとの証言をしている。

「旦那は(殺)してない。私、これまでたくさんの人と別れたりしてきたやろ。もう誰がとか憶えてません」

「なら次の人は? ほら、大阪市の××(地名)に住んでた人……」

「え、誰やった?」

「千佐子さんに××競技場のそばのマンションを買ってくれた人がいたでしょ」

「そんなんもう憶えてへんわ」

千佐子の口から、元交際相手の名前が出ることはなかった。それは以前の面会時でもそうで、こちらが相手の住む地名や職業、その他の特徴を挙げてやっと、「ああ、あの人ね」とはなるが、相手の名前が出てくることは稀なのである。そこに恋愛感情があったとは到底思えない対応だった。

筧千佐子という名前で世間に知られる彼女だが、それはあくまでも逮捕時に、被害者である筧さんという男性と入籍していたから、その苗字が使われているにすぎない。彼女自身にその苗字への思い入れはないし、筧さんの親族にしてみれば、不本意なかたちで苗字が使われ、迷惑千万といったところであろう。

「そういえばね、先生。私、殺される前に臓器提供をしたいんよね。私、この通り健康やからね。弁護士にもそう言ってるんよ」

これもかつての面会時に、千佐子が頻繁に口にしていたことだ。そういう点でいえば、彼女の話には一貫性がある。私はじつのところ、長い拘置所生活によって彼女の認知症が進行しているのではないかと危惧していた。だが、この場でやり取りする限りでは、3年前からの変化は見受けられない。千佐子は私の顔をまじまじと見つめると言った。

「こうやって見ると先生若いわあ。帽子被ってるから頭がどうなってるのかはわからんけど、肌つやもええしね。体悪くないやろ」

その言葉を聞き、既視感を覚える。彼女は前にも次のように言ったことがあるのだ。

「先生、ちょっと手え見せて。先生、手えキレイやなあ。女の人よりもキレイちゃう? 見てこれ、私なんてもうガサガサや。私も昔はオシャレやったんやけど、ここ入ってから、もう全然構わんくなったんよ。男の人がおらんのやもん。やっぱ、男の人がおらんと、そういう気にはならんわ」

これもまた、彼女がこれまで高齢男性を籠絡する際に使ってきた“技”なのだろうと感じていた。そしてそれは今回の発言によって、彼女のなかに染みついているものなのだと確信した。

面会に許された時間は15分間。それはあっという間に過ぎ、終了を告げるベルが鳴った。私は今回会ってくれたことについて、礼の言葉を述べた。

「まあな、先生もせっかく来てくれたしな。嫌な人は何人かいるけど、私はそういう人とは会いません」

脇の女性刑務官に促され、千佐子は立ち上がる。私も立ち上がり頭を下げて言った。

「千佐子さん、私がこう言うのもなんだけど、お元気で。どうもありがとう」

「ありがとうね。私はこれでサヨナラ」

彼女ははっきりした声でそう言うと、広げた両掌をこちらに向け、胸の前でひらひらと振る。

それは少女のような振る舞いだった。やがて彼女は踵を返すと、小さな背中は金属製の扉の向こうへと消えていった。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人