菅首相に「有観客」開催要望の“愚” IOCバッハ会長、能天気全開 現場に大混乱招くだけ…自ら五輪ムードぶち壊す - イザ!

メインコンテンツ

菅首相に「有観客」開催要望の“愚” IOCバッハ会長、能天気全開 現場に大混乱招くだけ…自ら五輪ムードぶち壊す

バッハ会長(左)の表敬を受ける菅首相=14日、首相官邸
バッハ会長(左)の表敬を受ける菅首相=14日、首相官邸

 来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が23日開幕の東京五輪について、国内の新型コロナ感染状況が改善した場合は「有観客」を検討するよう菅義偉首相に伝えたことが分かった。東京都では8月に新規感染者が2400人超との予測も出るなか、バッハ氏の能天気な発言は、大会関係者や都民、国民の神経を逆なでしている。

 バッハ氏の要望は、14日に菅首相と官邸で会談した際に出た。首都圏会場を無観客とするのは、8日に大会組織委員会、都、政府、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)による5者協議などで合意したものだ。首相は、感染状況が変化した場合は改めて5者協議で対応を検討するとした合意事項を説明するにとどめたという。

 大会準備は「無観客」で動いており、感染状況が改善したとしても、途中で有観客に切り替えるのは困難を伴う。チケット再抽選や、会場周辺のボランティア、警備体制など混乱も予想される。政治的駆け引きの末、無観客開催となった舞台裏を理解していれば簡単には出てこない発言だ。

 バッハ氏は訪日直後に「日本の人々」と言うべき場面で「中国の人々」と言い間違えるなど、IOCトップ自らの言動が五輪ムードをぶち壊しにしている状況だ。

 都のモニタリング会議では、現在の増加比で推移した場合、直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者が五輪閉会後の8月11日に2400人程度に上るとの試算も公表された。7日間平均でこれまで最多だった年末年始の「第3波」の約1800人を超える水準に相当する。

 国内のワクチン接種は15日公表時点で6518万回で、高齢者の1回接種率は約79%、2回接種完了者も約52%に達した。全体では1回接種が約32%、2回接種が約20%だ。高齢者へのワクチン接種が進んでいることから現状では重症者も死者も横ばいの状況で、その意味では第4波より大きく改善している。だが、若年・中年層の入院患者が急増しているとの指摘もあり、「入院患者が1200人台だった6月下旬からわずか3週間で2000人台に急増した」との報告もあった。

 五輪がどうであろうと、ワクチン接種を進めることと感染対策の継続が必要な状況は変わらない。


zakzak

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」