高校野球でもやってる!? 阪神「サイン盗み」が広げた「何がズルくて何がフェアなのか」論争 - イザ!

メインコンテンツ

高校野球でもやってる!? 阪神「サイン盗み」が広げた「何がズルくて何がフェアなのか」論争

ポストセブン
両軍ベンチから怒号が飛ぶ醜態に発展した(共同)
両軍ベンチから怒号が飛ぶ醜態に発展した(共同)

7月6日のヤクルトvs阪神戦で起きた「サイン盗み事件」が波紋を広げている。事件自体はすでに広く報じられているように、セカンドランナーだった阪神・近本光司(26)が、投球前に左手を2度、3度とひらひら動かし、左打席の佐藤輝明(22)に「インコースに行くぞ」と教えていたように見えた「疑惑」だ。両軍から怒号が飛び、阪神の矢野燿大監督らは「ボケ」「アホ」など激しい言葉を発した。監督同士が話し合った結果、その場は「紛らわしい行為」ということで収めたが、近本の所作は明らかに不自然で、あれを見た多くのファンは「やっとるな」と感じたはずだ。

『週刊ポスト』(7月16日発売号)の特集では、多くの球界関係者が、「サイン盗みはある」と断言している。そもそも、かつては禁じるルールもなく、各球団が競って盗む技術を磨いていた時代もある。今は禁じられたのだから「してはいけない」のは当然だが、では何がサイン盗みにあたり、何は許されるのか、明確な線引きがあるわけではない。リーグが申し合わせたアグリーメントに、「ベンチ内、ベースコーチ、走者から、打者あるいは塁上の走者に対して球種等の伝達は行わない」とあるだけだ。「球種等」が何を指すかも明文化されていないし、どのような行為が「伝達」に当たるかも決まっていない。いわば紳士協定だ。

だから、今もプロ野球から少年野球まで、近本と同じような行為は頻繁に行われている。指導者が堂々と教えているケースも多々ある。巨人で投手コーチを務めた関本四十四氏は、近本の行為は「100%確信犯」と断言したうえでこう語る。

「近本はやり方が下手です。高校野球でももっと巧妙にやってますよ。セカンドランナーが腰の高さを変えるとか、体の向きを少しセカンド方向あるいはサード方向に向けるとかで高さやコースを伝えている」

それだけに、球界では近本がシロかクロかという議論はあまりなく(ほとんどの関係者は当然クロだと思っている)、むしろ「あの行為は本当にいかんのか」「他のチームもやってるはず」という点に関心が集まっている。巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏は、紳士協定だからこそ品位を守るべきという意見だ。

「サインを盗んでいても、『盗みました』というチームはありません。阪神が『やっていない』と言い張るのは当然です。ただし、ルールブックに書かれたことだけを守るのがスポーツマンシップではない。疑われるようなことはしないのが紳士協定です。だから、阪神側は『やっていないが疑わしい行為だった』と認めるのが大人の対応だったと思います。監督やヘッドコーチがヤクルトの選手に罵声を浴びせたことが一番いけなかった」

一方で、「サイン盗み」の定義に疑問を投げかけるのが、球界のご意見番、江本孟紀氏。

「昔はバックスクリーンから双眼鏡でキャッチャーのサインを見て、解析してバッターに伝えていた。これは今の常識では絶対にアカン。しかし、グラウンドでプレーしている選手がする行為に関しては、たいていのことは許されると思うんですけどね。相手の癖を盗むのも、相手の作戦を見破るのも野球のうちですよ。それなら、キャッチャーがバッターの仕草を見てサインを出すのも卑怯だということになる。シフトの逆に打つのはどうですか? ズルいですか? ランナーからコースを伝えるくらいのことなら、キャッチャーがインコースに構えておいて、実際はアウトコースに投げればいいだけです。そもそもキャッチャーは股を広げて内野手全員に見えるようにサインを出しているわけで、ランナーはこっそり覗き見ているわけでもない。それで相手のサインがわかったとしても、じっとしておれということになるんですかね。私は、相手のサインや作戦を選手が見破るのも野球だと思うし、その裏をかくのも技術だと思いますけどね」

監督経験もある元強打者の一人は、「キャッチャーの構えてるコースなんか、バッターは横目でチラッと見ればわかります。最近は素直にそこに投げることが多いけど、昔はピッチャーがモーションに入ってから動くのが当たり前だった。それは野球の駆け引きの一部だと思います」と、江本氏と同意見だ。

ただし、江本氏も「阪神側はあんな汚い言葉を飛ばすことはなかった」と、監督やコーチの言動には苦言を呈している。阪神ベンチの態度に問題があったことは厳しく糾弾されるべきだが、同時にこの事件を、「サイン盗みとは何か。何がいけないことなのか」をきちんと話し合うきっかけにしてもらいたいものだ。

関連記事
  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」