【ここまで進んだ最新治療】再注目されるがんの温熱療法「ハイパーサーミア」 がん細胞の温度だけが急上昇して死滅 - イザ!

メインコンテンツ

ここまで進んだ最新治療

再注目されるがんの温熱療法「ハイパーサーミア」 がん細胞の温度だけが急上昇して死滅

ハイパーサーミアの治療機器
ハイパーサーミアの治療機器

 がん患者の体を二極の電極盤で挟み、その間に高周波(ラジオ波)を流すことで、がんのある部分の温度を上昇させる「ハイパーサーミア(温熱療法)」。近年、進歩する抗がん剤治療や放射線治療などの標準治療の治療効果を、さらに高める集学的治療の1つとして再注目されている。

 がんの温度を上昇させることで、どのような効果があるのか。年間延べ2000件以上のハイパーサーミアを併用した治療を行っている戸畑共立病院・がん治療センター(北九州市)の今田肇センター長=顔写真=が説明する。

 「人の細胞は42・5度以上に温度が上がると死んでしまいます。その原理を利用して、がん細胞の温度だけを選択的に上昇させてがんを死滅させるのがハイパーサーミアの仕組みです。一般的には放射線治療や抗がん剤治療と併用して行われますが、がんが体表に近く十分に加温できる表在性がんでは単独でも効果が期待できます」

 患者は加温する部分の服を脱ぎ、ハイパーサーミアの装置の上に寝て、1回40~60分かけて加温する。電極盤で挟まれている部分は、がん組織だけでなく正常組織もある。しかし、正常な細胞は死ぬことはない。正常組織は加温しても周囲の血管が拡張して血流が増え、熱を外に逃がすように働くからだ。

 一方、がん組織の中にある血管は加温しても拡張することができないので、がん細胞の温度だけが急上昇して死滅していくという。また、ハイパーサーミアは温熱で直接がんを叩くだけでなく、副次的な効果もある。

 「特に抗がん剤の効果を増強させることが分かっています。ですから良く効く抗がん剤があっても副作用で使えない場合、抗がん剤の量を減らしてハイパーサーミアを併用することで劇的に効くケースが多々あります。さらに体を温めることで免疫力が高まる(T細胞の活性)ので、免疫チェックポイント阻害薬を使う場合、24時間前にハイパーサーミアを行うと良く効くようになります」

 ハイパーサーミアは約30年前から保険適用になっているが、あまり普及していなかったのは大規模な比較試験を行ってエビデンスを得ることが難しかったことがある。しかし、近年、抗がん剤治療や放射線治療などの進歩で、外来で長く治療を続けられる患者が増えたことで、あらためて注目されているわけだ。それに一昨年、ハイパーサーミア装置の最新機種が登場し、コンピューターによる自動制御で患者に合わせたベストな加温設定が操作しやすくなった。

 国内外のエビデンスが数多く集まってきたことから、日本ハイパーサーミア学会は近々、診療ガイドラインをまとめる予定。現在、国内でハイパーサーミアを実施している医療機関は100施設ほどある。 (新井貴)

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は