【昭和歌謡の職人たち 伝説のヒットメーカー列伝】他の曲を録音しながらスタジオで1曲完成させるという神業も 作曲家・編曲家、宮川泰 - イザ!

メインコンテンツ

昭和歌謡の職人たち 伝説のヒットメーカー列伝

他の曲を録音しながらスタジオで1曲完成させるという神業も 作曲家・編曲家、宮川泰

宮川泰さんはとにかく明るく陽気な音楽家であり、ダジャレ、面白話で人を笑わせてくれる達人だった。ご本人いわく画家にもなりたかったとも。

宮川さんは1951年に「渡辺晋とシックス・ジョーズ」に参加。その後、渡辺晋さんが渡辺プロダクションの社長になっても、バンド仲間の意識が強く、若い社員は後輩のようにかわいがられた。77年、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版が大ヒット。音楽を担当された宮川さんは大忙しだった。プロデューサーの西崎義展さんとは昔のジャズ界の司会と演奏者の仲だった。

私は、77年の『しらけ鳥音頭』、78年は石川ひとみのデビュー曲『右向け右』、80年は映画『ヤマトよ永遠に』エンディング曲の布施明『愛よその日まで』などで仕事をさせてもらった。

雑誌インタビューや原稿依頼も多く、ある日「俺が大体しゃべるから文章にしてくれ、褒美に背広を作ってやるから」と言われ、なんとか形にすると、背広がすしに変わったことも。

録音本番までにあと1曲ができていなかったときは、他の曲を録音しながらスタジオで完成させるという神業をやる奇才、天才ぶりで現場のスタッフをあ然とさせた。

とにかく忙しいことを楽しんでいた。追われるほどにアイデアが出るのかもしれない。ちょっとでも時間があると仕事場に近い、すし屋によく連れていってもらった。黙って飲み食いすることはなく、いろんな曲の分析を聞かせてもらった。それらをまとめたものが81年に『サウンド解剖学』として出版された。

鼻歌から譜面を起こして、アレンジし、母体のリズムからイントロの細工をする宮川さんの労力を目のあたりにした新米の私は「譜面も書けない作曲家はいかがなものか」とぶつけると「ばか者、メロディーを生み出すのは別物の才能だ」とたしなめられた。ものづくりにおいて簡単に比較してはならないことを肝に銘じた。

63年と72年に、NHK紅白歌合戦でザ・ピーナッツと共演し指揮棒を振られたが、派手なパフォーマンスが歌手より目立つと評判になった。

そのせいかどうか、93年から2005年まで紅白の『蛍の光』の2代目指揮者を担当。その際も派手なパフォーマンスは変わらなかった。

今夏、42年ぶりに宮川さんの未発表作『センチメンタル銀座』が発表されるという。

宮川泰(みやがわ・ひろし) 1931年3月18日~2006年3月21日、75歳没。作曲家・編曲家の宮川彬良は長男。

篠木雅博(しのき・まさひろ) 株式会社「パイプライン」顧問、日本ゴスペル音楽協会顧問。1950年生まれ。73年、渡辺プロダクションに入社し渡辺音楽出版を経て、東芝EMI(現ユニバーサルミュージック)入社。制作ディレクターとして布施明、アン・ルイス、大塚博堂、五木ひろしらを手がけ、椎名林檎や石嶺聡子のデビューを仕掛けた。2010年に徳間ジャパンコミュニケーションズ代表取締役社長に就任し、リュ・シウォン、Perfumeなどブレークアーティストを輩出してきた。17年に退職し、現職。

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」