テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ - イザ!

メインコンテンツ

テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ

ITメディア
ノートPCと外付けの液晶ディスプレイの組み合わせは、作業効率が格段に向上するので在宅ワークでもお勧めしたい形態だ
ノートPCと外付けの液晶ディスプレイの組み合わせは、作業効率が格段に向上するので在宅ワークでもお勧めしたい形態だ

新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が進んだが、その長期化、常態化に伴って、新たな課題が浮上してきている。

中でも多いのが、画面に起因する問題だ。テレワーク用としては持ち運びを考えてノートPCの支給が多いが、従来のオフィスで利用していたデスクトップPCに比べて画面が小さい。

そのため、「画面が小さく見にくい」「表示を大きくすれば作業領域が狭くなり、ウインドウ切り替えなどの手間が増える」といった作業効率の悪化に加えて、「目が疲れやすくなった」「姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛になってしまった」といった健康被害を訴える声も増えているようだ。

この課題を解決するには、大画面の外付けディスプレイの導入が効果的だ。作業領域が増えて作業効率が上がることに加え、画面表示が大きくなるため見やすく、離れたところからも見やすくなって姿勢が悪くなることもなく、疲労もたまりにくくなるというわけだ。ここでは2種類の大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを取り上げ、その特徴や業務への適性を見ていこう。

1枚でデュアルに匹敵! 34型ワイドの「Pro Lite XUB3493WQSU」

マウスコンピューターの液晶ディスプレイブランド「iiyama」シリーズに属する「Pro Lite XUB3493WQSU」はアスペクト比が21:9で、画面解像度が3440×1440ピクセルに対応する超ワイドかつ大画面の34型液晶ディスプレイだ。

ウルトラワイドな大画面は圧巻の迫力で、情報量はフルHD(1920×1080ピクセル)の約2.4倍もある。画素ピッチは0.233mmで、21.5型のフルHD(0.248mm)よりも少し小さい程度だ。つまり、21.5型フルHDのパネルを横に2枚並べて使うのとほぼ同じ表示の大きさと作業領域を、1枚の画面でシームレスかつ省スペースに利用できる。

21.5型の液晶ディスプレイを横に2枚並べると、スリムベゼルでも1100mm程度になるのに対し、本製品の横幅は約817mmで済む。これだけでもかなりのスペースを節約できることになるが、さらに電源ケーブル、ディスプレイケーブルもそれぞれ1本で完結するし、PC側の端子も1つで済む。

実売5万台の34型ウルトラワイド液晶を試して分かったこと

このウルトラワイドな画面はどんな作業と相性が良いだろうか。特に相性が良いのが、Premiere Proなどのビデオ編集ツールだ。シームレスに横長の画面が使えるので、タイムラインを長く表示できるのが実に快適である。画面が狭いと何か作業をするたびにその作業に合わせてタイムラインの縮尺を頻繁に変えなければならないが、その手間は激減する。

また、表計算やデータベースソフトとの相性も良い。在庫管理、販売管理など横のデータ量が多いワークシートの一覧性が良くなり、スクロールの手間も大幅に減るため、作業効率は間違いなく上がる。そういった膨大なデータを整理してレポートを作成したり、分析したりする用途にも向く。

次に、4K表示に対応した「ProLite 2875UHSU-1B」を見ていこう。

マルチタスク作業がはかどる4Kモデル「ProLite 2875UHSU-1B」

一方の「ProLite 2875UHSU-1B」は、4K(3840×2160ピクセル)の高解像度に対応した28型の大画面液晶ディスプレイだ。

4K画面の情報量は、一般的なフルHDの4倍にも上る。本製品はRGB各色10bit入力に対応し、約10.7億色の表示が可能なので、精細かつ階調豊かな表示が行える。

4Kというと表示が細かすぎるイメージがあるかもしれないが、28型の大画面なので、Windowsの表示スケールを125~150%でも十分な表示の大きさと広い作業領域を両立させることができる。

ビデオ会議をしながらオフィスアプリで作業をする、チュートリアル動画を見ながら開発ツールやクリエイティブツールの実作業をする、PDFやWebの資料を見ながらPowerPointでプレゼンテーション資料を作成するといったことを、ウインドウの切り替えなしでスムーズにこなせる。A4文書を見開きで表示して、レイアウトの印象などを見比べるといった用途などにも便利だろう。

表面はノングレア仕上げで、眼精疲労を引き起こしやすい照明などの映り込みが少ない。同じく眼精疲労の原因と言われているブルーライトをカットする「Blue Light Reducer」機能も搭載する。さらに、画面は、高さや角度、向きも柔軟に調整できる多機能スタンドを採用しており、机や椅子の高さ、姿勢などに合わせてこまめに調整できるのもうれしい。

USBハブ機能を搭載しているのも便利だ。Webカメラやヘッドセット、外付けキーボードやマウスといった周辺機器をディスプレイ側に接続しておけば、USBケーブル1本でこれらの着脱が可能だ。

ビデオ会議の際、Webカメラの位置が低いと見下ろすようなアングルになるため、あまり映像の印象が良くない。ノートPCの内蔵カメラを利用する際にノートPCの位置を高くして使うなど工夫している人もいるが、別途Webカメラを購入して高さ調整ができる外付けディスプレイの上に設置すれば簡単に解決する。カメラも高画質のものを選べるのでお勧めだ。

続いて、これらのディスプレイに接続するお勧めのノートPCをチェックする。

テレワークに最適な高コスパ快適ノートPC

ここまでディスプレイにフォーカスしたが「ブラウザやオフィスソフトの起動が遅い」「起動や再起動のたびに長く待たされる」「ビデオ会議中に音声が途切れたり遅延したりする」などの理由で作業効率が低下しているならば、画面を大きくしても根本的な解決には至らない。新しいPCも一緒に購入することをお勧めしたい。

テレワーク向けに新たに導入するならば、今回利用したマウスコンピューターの「mouse B5-R5」は適性が高く、安心して利用できる1台だ。CPUに6コアのRyzen 5 4500U、ストレージに高速なNVMe SSDを搭載し、起動やスリープからの復帰が速くて快適で、ちょっとした画像や動画の加工、ビデオ会議やオフィスアプリのマルチタスクも楽々こなせるパフォーマンスを備える。

税込み9万円切りの6コアAPU搭載パワフルノートPC「mouse B5-R5」を試す

15.6型のノングレアの画面とキーピッチ約19mmのキーボードを備え、Webカメラやノイズキャンセル対応のデュアルアレイマイクを内蔵し、単体でもしっかりとテレワークで業務がこなせる仕様になっている。HDMIとUSB Type-C(DisplayPort Alternate Mode)の2系統のディスプレイ出力端子、合計4基のUSBポートで周辺機器の接続もばっちりだ。

さらに、約1.62kgとたまに持ち運ぶなら苦にならない重さで、バッテリー駆動時間も約8.5時間(JEITAバッテリー動作時間測定法Ver.2.0の公称値)と長く、リモートワークやローテーション勤務にも対応できる。

直販サイトの価格はメモリ8GBの標準構成で9万台~だが、原稿執筆時は期間限定の夏のボーナスセール中で税込み8万7780円(送料込み)とお得になっていた。最近はビデオ会議ツールも多機能化しているので、長く快適に使いたいなら、BTOでメモリを16GB以上の構成にしたものをプッシュしたい。

大画面+ノートPCの2画面体制でさらに快適に

ここで取り上げた液晶ディスプレイは、どちらもノートPCに接続する場合は2画面体制になるが、大きさが違う2つの画面を頻繁に行き来するのはけっこうストレスになるので、ノートPCの画面はサブに徹して使うのがお勧めだ。

サブ側はビデオ会議の映像、リモート学習の講義動画、クリエイティブツールのチュートリアル動画などを表示させておくには最適で、株や通貨のチャートなど情報系の画面を表示させておくのもいいだろう。

また、WebページやYouTube動画制作などをメイン画面で行い、サブ画面はその制作物の見え方を確認するための画面とするのも有効だ。

5年の長期保証も魅力のiiyamaディスプレイ

今回、2製品を試用してみたが、34型ウルトラワイドのPro Lite XUB3493WQSU、28型4KのProLite 2875UHSU-1Bのどちらも魅力的な製品だ。

通常、マルチディスプレイの導入を考えると22型~24型クラスのフルHDモデルが最初の候補に挙がるだろうが、これまで述べてきたように、ウルトラワイドや4Kモデルだとさらに快適な環境を手に入れられる。

作業領域拡張による作業効率向上に加えて、ノングレアで柔軟なスタンドなど長時間の利用でも疲労がたまりにくい配慮がなされているため、コンディション不良によるパフォーマンス低下予防にも効果的だ。さらにUSBハブなど便利機能も搭載しており、導入すれば大きな生産性向上が期待できる。

どちらが良いかは、設置スペースに加え、サイズや縦横比などの好みとなるだろう。高精細で滑らかな階調表現ができる画面が好みなら2875UHSU-1B、より画面が大きく、動画編集のタイムラインも長く表示できるウルトラワイドな横長の画面が使いやすいなら、XUB3493WQSUという選択になる。

なお、マウスコンピューターのiiyamaブランド製液晶ディスプレイは、標準で3年の基本保証が付帯するが、ユーザー登録を完了すると2年延長され、5年間の基本保証となる点にも注目したい。ディスプレイ製品のライフサイクルは意外に長く、保証期間は3年が多いが、実際は4年~5年も使うことは少なくないだろう。それだけにこの2年の延長は大きく、積極的にiiyamaディスプレイを選ぶ理由になりうる。

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声