稲葉ジャパン「金」獲りへ 明暗分かれた7月の侍たち 追加召集の右腕2人はくっきり - イザ!

メインコンテンツ

稲葉ジャパン「金」獲りへ 明暗分かれた7月の侍たち 追加召集の右腕2人はくっきり

 前半戦の最終戦となった14日も、代表組は明暗がくっきり分かれた。広島・森下暢仁投手(23)は中日戦(マツダ)に先発して8回無失点の快投。9回は新人で抑えを務める栗林良吏投手(25)が3者凡退に斬り18セーブ目を挙げた。

 一方、救援左腕の阪神・岩崎優投手(30)は状態への不安を解消するどころか、DeNA戦(甲子園)に3番手で登板した8回に被弾。今月の防御率は6・00まで悪化した。その裏にDeNA2番手で登板した山崎康晃投手(28)もピリッとせず、3安打2四球2失点でKOされた。

 代表24選手の7月の成績は表の通り。いまや日本のエースと目され、先発に加え勝負どころで救援も任されそうなオリックス・山本由伸投手(22)は好調を維持し、稲葉監督の安心材料といえそうだ。日米通算181勝と今回のメンバーで随一の実績を誇り、同監督も起用法に気を遣う田中将大投手(32)は、ここまで4勝5敗と黒星先行ながら今月は上り調子。さすがの調整力を見せている。

 菅野、中川(ともに巨人)の辞退で計算が狂った投手陣の救世主として、追加招集された右腕2人にも明暗。日本ハム・伊藤大海投手(23)は5月28日の中日戦から自身6連勝中、今月の防御率は0点台と絶好調で代表に合流する。

 一方、故障明けで見切り招集されたソフトバンク・千賀滉大投手(28)は、左足首の靱帯損傷から3カ月ぶりに復帰した6日のロッテ戦で3回持たず10失点の大炎上。再び2軍調整となり、どこまで状態を上げられるかは未知数だ。ソフトバンクでも千賀とバッテリーを組む甲斐拓也(28)も、日の丸の正捕手と期待されながら今月は打率1割台とバットが湿っている。

 打線の看板、広島・鈴木誠也(26)とソフトバンク・柳田悠岐(32)の両外野手は7月に入って長打を量産。一塁での出場が多くなりそうな浅村栄斗内野手(30)も本来の長打力を取り戻しつつあり、指揮官は安心して中軸を任せられそうだ。

 激戦区の三塁手で選出されたヤクルト・村上宗隆内野手(21)は、7月の打率が1割台に低迷していたが、前半戦最後の巨人2連戦で2本塁打。復調のきっかけをつかめるか。

 稲葉監督が選手起用で重要視してきたのは、国外選手への対応力とチームへの忠誠心。メンバー選考ではこれまでの実績からじっくり悩めたが、五輪本番は瞬時の判断の連続だ。情に厚い指揮官には、切り捨てる非情さも求められる。

 プロ野球はぺナントレース前半戦が終了。15日から東京五輪による休止期間に入ったが、日本代表に選ばれた24人の侍たちは、自国開催で初の金メダル獲得という重い使命を背負い戦場へ向かう。初戦のドミニカ共和国戦(28日、福島)まで2週間を切って、エンジンがかかってきた頼もしい選手もいれば、一向に調子が上がらない不安な選手も。シーズンの状態よりも代表での経験や実績を重視して、最終メンバーを選んだ稲葉篤紀監督(48)の“見極め力”が試される。

zakzak

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…