「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」 - イザ!

メインコンテンツ

「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」

ITメディア
欧米ではワクチン接種率が高まったことによって、コロナ前の生活に戻りつつある(出典:ゲッティイメージズ)
欧米ではワクチン接種率が高まったことによって、コロナ前の生活に戻りつつある(出典:ゲッティイメージズ)

再び緊急事態宣言に突入した日本。7月23日に始まる東京オリンピックも、緊急事態下に行われるという前代未聞の大会になる。これもひとえに、ワクチンの供給が欧米先進国に比べて遅れていることがある。ワクチンの効果うんぬんよりも、多くの人がワクチン接種を済ますことが通常生活に戻るための理由になるからだ。

先日、英国で決勝戦が行われたサッカー欧州選手権での会場でも、優勝したイタリアが凱旋帰国したあとの勝利パレードでも、大勢の観衆がコロナ以前のようにマスクをせずに集まっていた。そろそろ世界が元通りになりそうだと多くの人が感じたことだろう。

61万人ほどの犠牲者を出した米国でも、バイデン政権が掲げた「7月4日までに成人の7割にワクチン接種を行う」という目標は達成できなかったが、多くの人がワクチンを受けており、日常生活が戻りつつある。自由に行動できなかった鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように、いま米国ではあるビジネスが急激に盛り上がっている。

民泊だ。

新型コロナの苦境とワクチン接種によるビジネス再開の開放感などが絡み合って、民泊が改めて見直されているのである。

米テレビのCNNビジネスによれば、株価を見ても4月までにはすでに経済は復調を始めている。航空会社やホテルでは、ユナイテッド航空とサウスウェスト航空の株価はどちらも、コロナが広がる前の価格より30%以上も上昇し、ヒルトンとマリオットはそれぞれ10%ほど上げていた。

加えて、20年12月に新規株式公開(IPO)で公開価格の2倍をつけた民泊仲介サイトを運営するエアビーアンドビーの株価も、IPO以降に20%以上高くなり、旅行予約サイト大手のエクスペディアも現在、前年比で倍近い価格になっている。

観光都市であるラスベガスに暮らす筆者の知人によると、現地は観光客であふれかえっているという。さらに大きな会場で、見本市や展示会といった大規模なイベントも再開し、多くのビジネスパーソンを見かけるようになったそうだ。コロナ前の生活に戻りつつあるようで、ホテルの稼働率は6割近いという。

民泊を楽しむ人たち

その話を確認するために、さまざまな現地報道を見てみると、確かにビジネスイベントの情報が多い。コロナ前にはコンベンションなどのイベント市場は110億ドルほどあったが、21年はコロナ前の数年よりもイベント数が多くなりそうだとの報道もある。また記事では、冒頭で触れた欧州選手権のように、多くの参加者がマスクをしないでコンベンションに参加している写真が掲載されており、日本との温度差を感じる。

コロナが落ち着いて旅行者などが戻っている中で、民泊ビジネスも大変な活況になっているのである。一軒家などの民泊を仲介するVrvo(バーボ)はかなり好調で、創業25年で過去最高の売り上げを記録しているという。

しかもそれに合わせるかのように、ネットフリックスでは最近『世界で極める! 魅惑のバケーションレンタル』(海外では、民泊のことをバケーションレンタルと呼んでいる)という番組が始まった。番組によると、世界で「300万軒のバケーションレンタル」が利用できるという。ちなみに、番組ではニセコの豪勢な貸別荘などが登場するが、バーボなどではもっと一般的な家が利用できる。

リモートワークに慣れた人たちの間でも、長期で民泊を楽しむケースも増えている。例えば数週間、家を借りて、そこで仕事をする。また、一軒家を数人で借りて、リーズナブルに過ごし、コロナ禍のストレスを発散できるパターンもある。

バケーションレンタルの民泊では、施設管理を代行する管理会社が存在している。そうした会社は18年に、世界で11万5000社ほどあったが、21年には14万社を超えているという。減るどころか増えているのだ。

CNNで紹介されているグローバル市場調査会社グランドビューリサーチの調査によると、この民泊ビジネスは、27年に1140億ドル規模の市場になると予想されている。

一軒家の民泊、逆に好調

では、日本ではどうなのか。ご存じのように、コロナ禍、日本の宿泊施設も大きな打撃を受けている。ビジネスホテルなどは時間貸しを行なったり、宿泊料をかなり安く設定したりして営業を続けている。

にもかかわらずに、民泊の中にはビジネスがうまくいっているケースがあるという。特に、一軒家を貸し出す民泊の場合は、逆に好調だったところもあった。

一軒丸ごと借りる民泊とは、どんなものなのか。5月に出版された『勝てる民泊―ウィズコロナの一軒家宿―』(山口由美/新潮社)を読んでみた。

この本では、旅を主なテーマにしているノンフィクション作家の著者が、箱根にある古い実家を改修して民泊として開業する顛末(てんまつ)から、コロナ禍でのビジネスの様子までを体験記としてまとめている。『世界で極める! 魅惑のバケーションレンタル』に出てくる派手な宿泊施設ではないが、日本の文化や生活に触れることができる一軒家貸し切りの民泊だ。

本にはこう書かれている。

「2019年7月に民泊を開業した私も、コロナ禍以降は、周囲から貧乏くじを引いたと思われていたに違いない。実際、インバウンドの予約が次々に消えていった頃は自分でもそう思った。

ところが、である。その後、わが家の民泊は劇的なV字回復をする。(中略)

従来のイメージである都市型の民泊は、新型コロナで廃業したところが多いのに、コロナ禍以降、新しいタイプの民泊は増えている」

コロナの感染が広がって、一時はインバウンド客が一気にいなくなったが、その後、宿泊客が戻ったというのだ。大きな理由の一つは、一軒家を借りて誰とも接触しなくてもいいからだという。本によれば、「予約からチェックインまですべてオンラインで、誰とも接触しない」ビジネススタイルだったために、多くの人が安心して借りることができたのではないかという。

気楽でいい

筆者も仕事でホテルに泊まることは多いが、誰とも接触しないままチェックアウトまでできるスタイルは、コロナ禍でなくても可能性があるように感じた。日本でもロボットがチェックインからチェックアウトまでをしてくれる「変なホテル」が話題になったことがあるし、コロナ禍以前からチェックアウトは自動精算機のタッチスクリーンで行うホテルも少なくない。チェックインの際、フロントスタッフによる丁寧な対応は気持ちがいいが、少しかしこまりすぎるスタッフと接触しないのは、本の言葉を借りれば「気楽でいい」という側面もある。

感染を防ぐ安心感だけではなく、デジタル化やAI化が進むことで、非接触のスタイルはこれからも増えていくだろう。ホテル側も、フロント業務にスタッフが不要になれば、その人材を別の業務にあてることができる。

東京五輪が終了するころになれば、今以上にワクチン接種率も高くなり、人々の行動はどんどん自由になっていく。インバウンドも増えるだろうが、これまで我慢してきた国民のために、そのタイミングで「GoTo トラベル」や「GoTo イート」を、経済回復に向けた起爆剤として投入してもいいのかもしれない。

いずれにせよ、感染が落ちつけば、旅行需要は復活するはずだ。そのとき、民泊はどのように利用されているのか。動向から目が離せない。

筆者プロフィール:

山田敏弘

元MITフェロー、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版に勤務後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)でフルブライト・フェローを経てフリーに。

国際情勢や社会問題、サイバー安全保障を中心に国内外で取材・執筆を行い、訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)、『サイバー戦争の今』(KKベストセラーズ)、『世界のスパイから喰いモノにされる日本 MI6、CIAの厳秘インテリジェンス』(講談社+α新書)がある。テレビ・ラジオにも出演し、講演や大学での講義なども行っている。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係