福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート - イザ!

メインコンテンツ

福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート

ポストセブン
離婚成立した福原愛(写真/AFLO)
離婚成立した福原愛(写真/AFLO)

どんよりとした天気が続く7月上旬、都内に福原愛(32才)の姿があった。ふっくらした健康的な顔が魅力的な“愛ちゃん”だが、この日は少々やつれた様子で、心なしか線が細く見える。この日、彼女が帰ったのは、不倫疑惑が取りざたされた一戸建てではなく、芸能人が多く住むエリアにある超高級マンションだった。

「実は愛ちゃんは不倫報道が世間を賑わせる直前に、このマンションを購入していました。日本で再出発を目指そうとした彼女の新拠点となるマイホームです」(福原の知人)

しかし、福原が帰宅した際、家に明かりはともっていなかった──。

《皆様へ この度は私達夫婦のことでお騒がせする事態となり、申し訳ございませんでした。その後、夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私共の子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします》

7月9日、福原は台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と連名で離婚の成立を報告した。

「愛さんは昨年末に離婚届に判を押し、弁護士を立てて離婚に向けた準備を進めていました。江さんは最初こそ別れようとしませんでしたが、4月末に協議の場についた。3才の長女と2才の長男の親権が争点でしたが、結局子供たちは江さんとともに、台湾で暮らすことに。双方の主張が食い違って時間がかかると思いましたが、あまりに早い合意に驚きました。愛さんには決着を急ぎたい理由があったのでしょう」(台湾人ジャーナリスト)

鉄の意志で離婚を勝ち取った福原だが、すべてが望み通りになったわけではない。

「1月に帰国した際、彼女が思い描いていた人生設計は、ことごとく崩れ去っていると思います。その1つが社会貢献活動です。彼女は2月に株式会社omusubiを設立し、自分を育ててくれた卓球界やスポーツ界に、恩返しするつもりでした。しかしオフィスは会社設立からわずか2か月で閉鎖され、現在まで目立った活動はありません」(福原を知る卓球関係者)

公的な活動とともに、私生活でもある構想を抱いていた。その舞台となるはずだったのが冒頭のマンションだ。福原の知人が明かす。

「新居は静かな高台に建つ、床面積が300平方メートル近い大豪邸です。価格は3億円をくだらないそうです。もともと愛ちゃんはこの家に2人の子供と母親と住む計画を立てていた。まだ小さい子供たちがのびのびと遊べる素敵なおうちを選んでいたんです」

福原は新婚半年で購入した都内の一戸建てを売却し、その資金を新居購入に充てる計画だったようだ。

「前の戸建ては1億円ほどで購入したもの。こちらも広さは充分でした。でも彼女は江さんとの離婚を念頭に、心機一転して新生活を送ることを決めていた。そのための新居購入でした」(前出・福原の知人)

たったひとりで台湾での生活を清算した福原は、今年初めに日本に戻ってから半年間、子供たちに会っていない。

「周囲には『コロナもあるし、台湾に行くとパパラッチがうるさいから』と語っていますが、半年も子供たちと会わないことを台湾メディアは『残忍』と報じました」(前出・台湾人ジャーナリスト)

子供たちだけではない。今年3月下旬に帰国した母親も福原と同居していないという。

「介護が必要な千代さんのお世話はしているけど、一緒には暮らしていないようです。愛ちゃんにとって家族は頼ったり甘えたりする存在ではなく、常に緊張感をもって接する関係でした。

母親とは子供との生活を何より大事にするものだといわれても、彼女は親子関係の築き方がわからないという不安を抱いていた。子供をポイッと置いてきたことに批判もあるでしょうが、彼女にとってはいままで通り一家の大黒柱として働くためには、子供や母と離れて暮らすことが最善だと思ったのでしょう」(前出・福原の知人)

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも