世界文化賞受賞のボルタンスキー氏が死去

産経ニュース
クリスチャン・ボルタンスキーさん(撮影・飯田英男)
クリスチャン・ボルタンスキーさん(撮影・飯田英男)

フランスを代表する現代アーティストで、2006年の第18回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したクリスチャン・ボルタンスキー氏が14日、がんのため、パリの病院で死去した。76歳だった。フランスメディアが伝えた。

1944年、パリ生まれ。独学で絵画を学び、68年に初の個展を開催した。転機になったのは、翌年発表した自伝。自身の幼少期が終息したことに気づき、「誰もが『死んだ子供』を内に抱えて生きている」という衝撃で、創作に駆り立てられたという。

死者の遺品をすべて集めた「目録」、肖像写真に電球の光を当てて祭壇を作った「モニュメント」シリーズなどがある。多彩な素材と手法を駆使することで、作品を観る者に、普遍的な「生と死」の感覚をよみがえらせる手法を得意とした。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」