【文政権の末路】「異常判決」連発の韓国司法界、一枚岩が崩れた!? 「反日無罪・親日有罪」の風潮の中…国際法や事実に照らし判決下した“愛国者” - イザ!

メインコンテンツ

文政権の末路

「異常判決」連発の韓国司法界、一枚岩が崩れた!? 「反日無罪・親日有罪」の風潮の中…国際法や事実に照らし判決下した“愛国者”

ソウル中央地裁が入る庁舎(共同)
ソウル中央地裁が入る庁舎(共同)

 韓国最高裁判所が2018年10月、日本製鉄(旧新日鉄住金)に対して元徴用工への補償金支払いを命じて以来、同種の訴訟において日本企業の敗訴が続いている。慰安婦問題をめぐる訴訟では今年1月8日、ソウル中央地裁が日本政府の主権免除を適用せず、有罪判決を下した。国際法や条約よりも国内法を優先し、国民感情におもねって「異常判決」を連発してきたのだ。

 しかし、韓国の法曹界全体が良心を失ったわけではなかった。

 今年2月初め、ソウル中央地裁に新たな部長判事として着任した金亮ホ(キム・ヤンホ)判事は「1月8日の判決で日本政府に支払いを命じた訴訟費用取り立ての強制執行は国際法違反」として、訴訟費用を日本に求めない決定を下した。

 4月21日には、同じソウル中央地裁で審理中の別の慰安婦関連訴訟において、「日本政府は主権免除が適用され訴訟の対象とならない」という、国際常識にのっとった判断を他の判事も下している。

 続いて6月7日、元徴用工を名乗る人々や遺族が、日本製鉄など日本企業16社を相手に賠償を求めた訴訟で、前出の金判事は最高裁の判決に真っ向から逆らい、「被害者への賠償は日韓請求権協定に含まれる」として、原告の訴えを却下した。判決理由の中で、「被害者たちが勝訴すれば、文明国としての威信は地に落ちる」とも述べている。

 同協定に基づいて日本が提供した無償3億ドル・有償2億ドルの経済援助が「漢江(ハンガン)の奇跡」をもたらしたという歴史的事実にも触れている。

 金判事は特に「親日派」ではない。国際法や事実に照らし、法治国家の名誉にかけて冷静な判断を下したのであり、まさに「愛国者」というべきである。

 だが、ここから金判事への大バッシングが始まった。

 与党は「戦犯国の国益を優先した」と激高し、大統領府の国民請願掲示板には「日本の右翼の立場を反映し、反国家・反国家的判決を下した金亮ホ判事の弾劾を要求する」という請願が登録され、3日間で28万人以上が賛同している。

 20万人を越えれば、政府としても何らかの対応をする必要がある。「反日無罪・親日有罪」という風潮の中で、文政権が支持率アップを狙って「金判事潰し」に出る可能性は十分ある。

 さらに、ソウル中央地裁自体も揺れている。

 6月9日には別の判事が、金判事の「日本政府には主権免除は適用されない」という決定を覆し、日本政府へ資産開示命令を出した。国際的常識を明らかに逸脱しており、世界中が韓国を信用しなくなるだろう。

 四面楚歌(そか)の中で身の危険をも顧みず、祖国のために正論を堂々と展開している金判事に、筆者も心からエールを送りたい。

 ■松木國俊(まつき・くにとし) 朝鮮近現代史研究所所長。1950年、熊本県生まれ。73年、慶応大学を卒業し、豊田通商に入社。直後から韓国担当を務め、80~84年、ソウル事務所に駐在する。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年に退社。松木商事を設立する。韓国問題を長く研究している。著書に『恩を仇で返す国・韓国』(ワック)、『日本が忘れ韓国が隠したがる 本当は素晴らしかった韓国の歴史』(ハート出版)、監修に『今こそ韓国に謝ろう』(飛鳥新社・百田尚樹著)など。

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で