バッハ会長の言い間違え→SNSで大喜利白熱「#次にバッハ会長がしそうなこと」に爆笑投稿続々 - イザ!

メインコンテンツ

バッハ会長の言い間違え→SNSで大喜利白熱「#次にバッハ会長がしそうなこと」に爆笑投稿続々

ホテルに到着し、車の窓を開けて手を振るIOCのバッハ会長=8日午後2時22分、東京都内(代表撮影)
ホテルに到着し、車の窓を開けて手を振るIOCのバッハ会長=8日午後2時22分、東京都内(代表撮影)

来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が13日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の事務所を訪れた際、日本人を「中国人」と言い間違えたことを受け、SNS上に「#次にバッハ会長がしそうなこと」というハッシュタグが発生。これをネタにした大喜利合戦がツイッター上で白熱している。

14日午後4時の時点で、このハッシュタグがついた投稿は1万4000を突破。ツイッターには、「テコンVをガンダムと呼ぶ」「蓮舫と室井佑月を間違える」「青海と青梅を間違える」「自分のことをベートーベン会長って言い間違える」「ソース2度漬け」といった自信作が続々と寄せられている。

また、リツイートされたり、「いいね」が数多くついた投稿も多く、ツイッターには、「Youは何しに日本へ?にインタビューされる」「きのこたけのこ戦争に介入し、第2次きのこたけのこ大戦に発展させてしまう」「『東京ディズニーランドって千葉県ですよね?』と発言」「ローソンでファミチキくださいと言う」「ウルトラセブンをウルトラマンセブンと言う」「東京都町田市を神奈川県横浜市と言って、町田市民をキレさせる」といった爆笑作がズラリ。拡散&トレンド入りのキッカケとなった「旅館の夕食で食べ物が多すぎる、無駄だと写真付きでツイート #次にバッハ会長がしそうなこと」という投稿には、同時間の時点で276もの「いいね」がついている。


  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」