ディーン・フジオカのヒーローは「五代友厚」 “アンビリ”初出演 - イザ!

メインコンテンツ

ディーン・フジオカのヒーローは「五代友厚」 “アンビリ”初出演

ディーン・フジオカが番組初出演で実話VTRに感動(C)フジテレビ
ディーン・フジオカが番組初出演で実話VTRに感動(C)フジテレビ

15日スタートのフジテレビ系木曜劇場「推しの王子様」(木曜後10・0、比嘉愛未主演)に出演するディーン・フジオカ(40)が、同日放送の「奇跡体験!アンビリバボー 命をつなげ!1%の奇跡を信じたヒーローSP」(木曜後8・0)に初出演する。

絶体絶命の状況の中、わずかな可能性を信じてあきらめずに行動したことで窮地から人々を救出したヒーローたちの実話…タイの洞窟で起きた事故とガルーダ・インドネシア航空の飛行機事故を取り上げる。

ディーンは収録後、自身のヒーローを問われると、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(2015年下期)で“五代様ブーム”を巻き起こし、放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で演じている「五代友厚」と回答した。理由はこうだ。

「世界情勢に通じていた彼が海外の技術を日本に持ち込んだ結果、パスポートを持って海外へ行けたり、今の自分の生活につながったりしている。彼はヒーローだと思う」

2本のVTRについては「どうなったのか結末は言えないが(笑)、いやー、すごかった。全く想像もしない解決方法でピンチを乗り越える。協力し合い、助け合うことで不可能を可能にできるということに希望を感じた」と感動の様子。「お先真っ暗な状況だと自分で思っていても何事にもあきらめず、希望を持ち続けると一筋の希望の光が見えてくることがあるのだなと思い、常に前向きでいることが生きていく上で大切」と改めて噛みしめていた。

ストーリーテラーはビートたけし。スタジオメンバーは剛力彩芽、バナナマン(設楽統、日村勇紀)。ゲストはほかに岡田結実。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳