大谷の“三者凡退”がトレンド入り 現地ファンも快投たたえる「100マイル連発!」「ホームラン競争に出て100マイル投げる人ほかにいるか?」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

大谷の“三者凡退”がトレンド入り 現地ファンも快投たたえる「100マイル連発!」「ホームラン競争に出て100マイル投げる人ほかにいるか?」

オールスターで二刀流を披露したエンゼルスの大谷翔平投手
オールスターで二刀流を披露したエンゼルスの大谷翔平投手

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)は13日(日本時間14日)、コロラド州デンバーにあるロッキーズの本拠地、クアーズフィールドで行われたオールスター戦にア・リーグの「1番・DH」兼先発投手で出場。史上初めて投打同時出場の“リアル二刀流”選手として臨み、1回を無安打無失点に抑えた。

スタンドを埋めた大観衆の“好奇の目”が集まる中、特別ルールで先発マウンドに上がった大谷は圧巻の投球を見せた。まずは28本塁打の先頭タティス(パドレス)を83.4マイル(134.2キロ)の外角スライダーで泳がせて左飛に仕留めると、2番のマンシー(ドジャース)は、96.6マイル(155.5キロ)の直球でつまらせて二ゴロ。3度の本塁打王を誇る3番アレナド(カージナルス)の打席では最速100.2マイル(161キロ)を計測するなど速球で押し、最後は89.8マイル(144.5キロ)のスプリットで遊ゴロに打ち取り、ナ・リーグの強力な上位陣を三者凡退に打ち取った。

ツイッターやヤフー検索のトレンドには「三者凡退」がランクイン。米大リーグ機構(MLB)の公式ツイッターも、ナ・リーグ先発のシャーザー(ナショナルズ)と大谷の写真を並べて「2人とも1-2-3」と三人斬りを速報した。

海外のツイッターでは、大谷の好投に「100マイル連発!」「グレートジョブ!」などと英語の書き込みが続々。「タティス、マンシー、アレナドを打ち取るのは容易じゃないぜ!」「ホームランダービーに出場して、100マイル投げる人なんてほかにいるか?」と、興奮したファンから驚きの投稿が相次いでいる。

  1. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  2. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人