ワクチン加速化 群馬大が医師ら連日20人派遣

産経ニュース

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を進める群馬県高崎市の「県央ワクチン接種センター」で、群馬大は17日から、医師ら医療人材20人を連日派遣すると発表した。群馬大が1ブースを担い、1日約1500人規模で接種を進める。

派遣されるのは同大医学部付属病院(前橋市)の医療人材で、職種は医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師。交代しながら連日20人が同センターで「打ち手」などとして活動する。

同センターは最大6ブース設置される予定で、このうち1ブースを同大が担当し、9月末まで稼働する。大半の期間で一般接種に取り組むが、うち8日間は学生や教職員ら計約4千人を対象とした職域接種を行う。職域接種の1回目に17日から着手するという。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」