「ポスト原」1番手 巨人・阿部2軍監督、評価うなぎ登り 原監督も太鼓判か - イザ!

メインコンテンツ

「ポスト原」1番手 巨人・阿部2軍監督、評価うなぎ登り 原監督も太鼓判か

田口の髪を触る原監督(右)は阿部2軍監督の指導力を評価した
田口の髪を触る原監督(右)は阿部2軍監督の指導力を評価した

 巨人・原辰徳監督(62)は13日、東京・大手町の読売新聞東京本社で山口寿一オーナー(64)=読売新聞グループ本社代表取締役社長=にシーズン前半戦の報告を行った。

 前半戦は丸、ウィーラーらのコロナ陽性による離脱や、主将の坂本、エース菅野や梶谷、吉川と主力に故障が続発。この日のヤクルト戦は6-14で大敗も、首位阪神と2ゲーム差の2位で、射程圏内につけている。

 山口オーナーが最も喜んだのは若手の躍動だ。大江、松原、ビエイラの名前を挙げて若手の活躍を称え、対して原監督は「『阿部2軍監督の努力の賜物でございます』と言ってきました」と、阿部慎之助2軍監督(42)の指導力を、褒め上げたという。

 指揮官が見定めた阿部2軍監督の指導者としての器量は、ホットラインでつながっている山口オーナーに、すでに伝わっていると考えるのが自然だ。それでもあえてこの席で阿部2軍監督の名前を出したのは大きな意味がある。

 「原監督は今季で契約最終年を迎える。阿部2軍監督が後継者候補の1番手として挙げられていることの表れだろう」と指摘するのは古参の球団OBだ。

 「オーナーが挙げたように若手を徹底的に練習させてたくましく鍛え上げた。山瀬や中山、秋広といった生きのいい選手も続いている。不調にあえいでいた丸を復調させるなどの技術的な指導力もある」と同OB。キャンプ直前の異例の時期に桑田真澄投手チーフコーチ補佐(53)が入閣し、ポスト原の争いが激化するとみられていた。

 しかし、2年目を迎えた阿部2軍監督は、罰走や、選手が萎縮するようなゲキも減り、球団内での評価は大きく上がっているという。

 前半戦オーナー報告の席は巨人においてターニングポイントとなり得る、重要な兆候が表れる。高橋監督時代の2016年に、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(95)がBクラスに低迷に「これは由伸の責任じゃねえからな。フロントだよ。補強してねえんだもん。今の陣容で勝てっていったって無理」と大号令。オフにFAで山口俊投手、森福允彦投手、陽岱鋼外野手と史上初の“FA選手3人獲り”の爆買い補強も、翌17年の前半戦オーナー報告時にそろって2軍落ち。

 渡辺主筆は「3人いねえじゃねえか! 見る目がなかったんじゃないか? スカウトはダメだ!」と活を入れ、意を汲んだ上層部により、直後に堤GMが更迭されている。

 第3次政権となった原監督の契約最終年となる2021年のオフが歴史の転換点となり得るのか。 (片岡将)

zakzak



  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く