ミシュランガイドから絶賛されるデザートバー…パティシエのセブンルールとは?

イザ!
ニューヨークの店で接客する千加・ティルマンさん(右)(C)カンテレ
ニューヨークの店で接客する千加・ティルマンさん(右)(C)カンテレ

内外で活躍する女性に密着し、自身の7つのルール(こだわり)を手がかりに人生観を映し出すドキュメントバラエティー「セブンルール」(火曜後11・0、カンテレ・フジテレビ系)。

13日放送の主人公は、ニューヨーク・マンハッタンにあるデザートバー「ChikaLicious(チカリシャス)」でオーナーパティシエを務める千加・ティルマンさん。

わずか20席ながら2003年にオープンするとすぐさまニューヨーカーの心をつかみ、ミシュランガイドからも「洗練された珠玉のデザート体験ができる店」と絶賛される。

看板メニューは、クラッシュドアイスの上にチーズケーキをのせ、その上に特製のクリームをたっぷりかける真っ白なチーズケーキ。自身が「これをお客さまに食べてもらいたくて店を開いた」と明かす、まさにスペシャリテである。

千加さんは24歳で結婚後ニューヨークへ渡り、有名レストランで修業を積んでいた2001年9月11日、同時多発テロに直面。「今やらなきゃいけないことを今やっておかないと後悔する」と感じた彼女は2年後に店をオープンさせる。

夫のダンさんのサポートもあり経営は順調だったが、新型コロナウイルス感染拡大は電気代も払えないほどの大打撃を受けた。我慢の日々は続いたが、ワクチンの接種率が上がるにつれニューヨークはかつての活気を取り戻していく。

そして、日常が戻りつつあることを実感し、夫婦で今思うことは-。

「Less is better(小さいことはすてき)」

スタジオに復帰した本谷有希子さん(C)カンテレ

スタジオキャストの長濱ねる、YOUらは特別なチーズケーキに興味津々で、夫婦関係にも賛辞を贈る。また、3月に第2子を出産した芥川賞作家の本谷有希子さんが今回から復帰。産休中は「セブンルールを見られなかった」と打ち明け、その意外な理由を語る。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図