フォルクスワーゲン「アルテオン シューティングブレーク」発表 「しびれるフォルム」とワゴン推しのクルマ好きから熱視線(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

フォルクスワーゲン「アルテオン シューティングブレーク」発表 「しびれるフォルム」とワゴン推しのクルマ好きから熱視線

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが13日から国内販売を始めた「アルテオン」(左)と「アルテオンシューティングブレーク」。プレスリリースから
フォルクスワーゲン グループ ジャパンが13日から国内販売を始めた「アルテオン」(左)と「アルテオンシューティングブレーク」。プレスリリースから

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは13日、同社のフラッグシップセダン「アルテオン」のマイナーチェンジモデルを発表。ワゴンスタイルの「アルテオン シューティングブレーク」を新たにラインナップに加え、同日から全国の正規ディーラーで発売した。

アルテオンは2017年に日本に導入されたグランツーリングカー。スポーツカーのデザイン要素を取り入れた大型リヤハッチを持つファストバックスタイルと広い室内空間を両立させた実用性の高いパッケージングが特徴で、2リッターTSIエンジンにフルタイム4輪駆動を組み合わせた同社のフラッグシップモデルだ。

マイナーチェンジした新型では、フロント、リヤ周りのエクステリアデザインを刷新するとともに、ダッシュパネル全体のデザインも改良を加え、上質かつ洗練されたインテリアを創出したとアピールする。また、新たに加わったシューティングブレークは、ワゴンとしての機能性とスポーツカーを彷彿させるアグレッシブなデザインを兼ね備えている。

発表を受け、ツイッターではクルマ好きが反応。特に、「セダンもむっちゃかっこいいけどワゴン(シューティングブレーク)もドチャクソ格好良い」と追加されたシューティングブレークのデザインに注目が集まっており、「ボディラインヤバすぎ」「しびれるフォルムしてる」「内装めっちゃ変わってる カッコ良すぎる!」と、魅了されるユーザーが相次いでいる。

同日発売ということで、正規ディーラーには先週末あたりから試乗車が入庫し始めていたようで、「運ばれてるの見た」「昨日横浜で走ってるの見たけどかっこよかった」「先週の土曜日に見たのは、シューティングブレークだったのか。アルテオンにバリアント(同社のワゴンモデルの名称)みたいなのってあった?って謎だったんです」など、目撃情報も寄せられている。たまたま立ち寄ったディーラーで展示車を見たというツイ民からは、「ジロジロ見たり座ったりさせてもらった クッソかっこ良かった」と画像つきの報告もあがっている。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳