王位戦第2局、初日は42手目を藤井王位が封じる/将棋 - イザ!

メインコンテンツ

王位戦第2局、初日は42手目を藤井王位が封じる/将棋

サンスポ
立会人の広瀬章人八段(手前右)に封じ手の入った封筒を手渡す藤井聡太王位(同左)、右から2人目が豊島将之二冠=13日、北海道旭川市の花月会館(代表撮影)
立会人の広瀬章人八段(手前右)に封じ手の入った封筒を手渡す藤井聡太王位(同左)、右から2人目が豊島将之二冠=13日、北海道旭川市の花月会館(代表撮影)
封じ手の入った封筒を持ち対局室に戻った藤井聡太王位=13日、北海道旭川市の花月会館(代表撮影)
封じ手の入った封筒を持ち対局室に戻った藤井聡太王位=13日、北海道旭川市の花月会館(代表撮影)

将棋の「お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負」第2局は13日、北海道旭川市の「花月会館」で指され、午後6時過ぎに後手番の藤井聡太王位(18)=棋聖=が42手目を封じて1日目を終えた。

午前9時に開始された対局は、先手番の挑戦者、豊島将之二冠(31)=竜王・叡王=が攻撃的な角換わり早繰り銀の戦型を選択。藤井王位も早繰り銀で対抗した。

藤井王位は先月末の第1局では豊島二冠に先勝を許し、前日12日も「序盤から一手一手しっかり読みを入れて指していきたい」と誓っていた。注目の第2局は、宣言通りに序盤から激しい読みのぶつかり合いに。戦いは14日の第2日に指し継がれる。王位戦は2日制で持ち時間は各8時間。

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  5. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了