「管理職になりたくない」女性が過半数 「なりたい気持ち」に影響する存在とは? - イザ!

メインコンテンツ

「管理職になりたくない」女性が過半数 「なりたい気持ち」に影響する存在とは?

ITメディア
管理職に占める女性の割合を増やそうとする企業は多い(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
管理職に占める女性の割合を増やそうとする企業は多い(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

女性の転職サイトを運営するキャリアデザインセンター(東京都港区)は、「女の転職type」の会員を対象に、管理職に関する調査を実施した。その結果、今後女性管理職になりたいと思わない人が計54.9%と過半数を上回った。

現時点で管理職経験があるか聞いたところ、25.3%が「ある」と回答。年齢別で見ると、20代は11.3%で、30代は28.9%、40代は32.0%と30歳以上では3割近くが管理職の経験があった。

管理職になってよかった点

管理職経験がある人に、管理職になってよかった点を聞いた。1位は「自身の成長につながった」が68.0%、次いで「自分の裁量でできる仕事が増えた」が46.6%、3位は「給料が上がった」が43.8%だった。

回答者からは「自分の責任で決めた仕様が製品に組み込まれ、その製品が社会の中で利用されることで社会に貢献できる喜びを知った」(30代エンジニア)、「部署全体の方向性を決める会議にも参加できて、仕事のやりがいが増えた」(30代事務・経理・人事系)などの声が挙がった。

管理職になってよくなかった点

管理職になってよくなかった点は、1位が「責任が重くなった」で55.7%だった。次いで「面倒な仕事が増えた」が47.0%、「残業時間が増えた」が35.2%と、業務量の面でよくなかったと感じることが多いようだ。

「周囲から仕事をやって当たり前と扱われる。当たり前だけど弱っているとき悲しくなる」(40代事務・経理・人事系)、「女性管理職は自分しかおらず、悩みがあっても気軽に相談できず、精神的に病んでしまった」(30代営業系)といった声が寄せられた。

今後管理職になりたいか?

管理職経験がない人に、今後なりたいと思うかを聞いた。最も多かったのは「あまりなりたくない」で42.9%だった。管理職になりたいと答えた人が39.1%なのに対し、なりたくない人が計54.9%と上回った。

管理職に「頑張ってなりたい」「機会があればなりたい」と答えた人に理由を聞いたところ、1位は「自身の成長につながる」で78.7%、次いで「キャリアの幅が広がる」が72.2%、「給料が上がる」が67.7%だった。

管理職になりたくない理由は?

管理職に「あまりなりたくない」「絶対になりたくない」と答えた人に理由を尋ねた。1位は「責任が重くなる」で68.6%、次いで「残業時間が増えそう」が50.8%、「自分にできる自信がない」が50.3%だった。「その他」の理由では、家庭との両立が不安だとする声が多く聞かれた。

職場に尊敬できる女性管理職がいるかを聞いたところ「いる」と答えた人は27.4%だった。また、尊敬できる女性の管理職がいるかどうかで管理職になりたい気持ちに影響があるかを聞いた。最も多かったのは「やや影響がある」で31.4%だった。

管理職に「頑張ってなりたい」と答えた人で「自分の職場に尊敬できる女性の管理職がいる」とした人の割合は40.0%だった。「機会があればなりたい」と答えた人では28.0%。また、管理職になりたくない派はいずれも30%以下で、モデルケースの女性管理職がいると自分も管理職を目指したいと思う割合が高くなることが分かった。

今回の調査は、「女の転職type」会員を対象に、インターネットで実施した。期間は21年6月4~17日、有効回答数は864人。

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声