【今から始めよう!70代まで働く健康術】歯磨きだけでは取れない「歯周病菌のバイオフィルム」 口臭が気になったら歯科医に相談を(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

今から始めよう!70代まで働く健康術

歯磨きだけでは取れない「歯周病菌のバイオフィルム」 口臭が気になったら歯科医に相談を

 歯周病菌が歯茎に炎症を起こす一方、放出する物質などで動脈硬化の促進や、糖尿病の悪化、誤嚥性肺炎など、いろいろな病気との関りが指摘されている。かつて歯周病は、歯を失い、食べ物がよく噛めなくなることで、健康害につながるといわれたが、歯周病菌そのものが、口の中に繁殖することがよくないことがわかってきたのだ。では、どう予防すればよいのか。

 「かかりつけ歯科の存在が重要になります。ひとり一人のお口に合わせて、専門の歯科衛生士による口腔ケアやハミガキ指導が、歯周病改善・予防では重要なのです」

 歯周病治療では、「ペリオウェブ」という無熱レーザーとバイオジェルの化学反応で歯周病菌を死滅させ、「エアフロー」というパウダーを吹き付ける機器を用いて、バイオフォルムなどを除去する。このような専用機器と歯科衛生士の技術、そして個人に合ったハミガキ指導が、現在、歯周病改善・予防で主力になっているという。歯石の除去方法や予防法も一昔前より進化しているのだ。

 「ハミガキをしていても、口臭が気になるときには、かかりつけ歯科に相談してください。早めの対処が、口腔内ケアはもとより健康にも役立ちます」と塚原院長。

 におったら歯周病退治が肝心と心得たい。(安達純子)

 ■歯周病と関わる可能性のある主な病気

 □がん

 □糖尿病

 □認知症

 □動脈硬化

 □心臓病

 □骨粗鬆症

 □誤嚥性肺炎

 ※塚原デンタルクリニックHPから

zakzak

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で