「シン・エヴァ」興行収入100億円突破!「シンジが100億の男に」とファン感動 前日には“フライング”の事態も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「シン・エヴァ」興行収入100億円突破!「シンジが100億の男に」とファン感動 前日には“フライング”の事態も

アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が、3月8日の公開初日からの127日間で100億円を突破した。13日、作品の公式ツイッターで発表されると、ファンたちは喜びの声を上げ、ネットに祝福のメッセージが殺到した。

1995年に放送されたテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」から始まり、2007年からは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズとして、「序」(07年)、「破」(09年)、「Q」(12年)が公開。シリーズ最新作であり、完結となるのが「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で、今月21日をもって一部劇場を除き、終映することが発表されている。

公開日(3月8日)は、業界として異例といえる月曜日だったが、初日の興行収入は8億円を突破。その後も観客動員数を伸ばしていき、ファンも興行収入の行方を見守っていた。

公開終了へ向けた“ラストラン”では、豪華な入場特典が話題になるなど、盛り上がりを見せるなか、12日には「エヴァ100億」というワードがツイッターのトレンドに入り、ファンたちの勘違いにより、一足先にお祭り騒ぎになるといった事態も。同日、作品の公式ツイッターで「3月8日(月)~7月11日(日)の126日間累計で興行収入99.9億円、観客動員654万人を突破致しました」と伝えると、「全国のエヴァファン…最後の仕事よ!あと……0.1億ぅぅ!!」「なにぃ!?まだ100億いってないだと!?」「公式から発表出てないと思ったらやっぱりフライングだったんだなぁ」「100億フライングだったんかい」といった声が広がっていた。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は