ワクチン接種後の無理は禁物 「トイレでの力みすぎ」には注意を - イザ!

メインコンテンツ

ワクチン接種後の無理は禁物 「トイレでの力みすぎ」には注意を

ポストセブン
ワクチン摂取が進む欧米諸国では、マスクをしない国も(共同通信社)
ワクチン摂取が進む欧米諸国では、マスクをしない国も(共同通信社)

国民の約4分の1にあたる3000万人が1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を終え、失った日常を取り戻す方向へと進んでいる。しかし、ワクチンを打ったからといってすべてが自由になるわけではないと専門家は警鐘を鳴らす。まだまだ集団免疫が掲載されたわけではなく、ワクチン副反応のリスクも考える必要があるだろう。

ワクチン接種後の何気ない行動によって死を招くリスクがあることを示すのは、厚生労働省発表のワクチンの副反応に関する報告書だ。ここには接種後に亡くなった人がどのように過ごしていたかが詳細に記されている。なかにはこんな例も──。

◆トイレに注意

「26才の男性は接種した4日後からダイエットを始めました。すると次の日に心肺停止で急死したのです。決して肥満で糖尿病を患っていたというわけでもなく、基礎疾患は片頭痛程度。食事制限によって、心臓に負担が掛かった可能性が考えられます」(全国紙記者)

家の中で日常的に使うトイレにも注意が必要だ、と医療ジャーナリストは語る。

「排泄中に力んでしまうと、血圧が急上昇します。ワクチンの副反応で血管に異常が起きる症状が多いことを考えると、血管が弱まっている高齢者は要注意です。因果関係まではわからないものの、実際、報告書にはトイレで亡くなっているかたもいます」

《重篤な疾患のない 47歳の健康な女性が、コミナティ(ファイザー製ワクチン)接種後5日で死亡。コミナティの副反応の可能性が高いと考え報告した》

こう報告された女性が亡くなったのもトイレだった。

報告書には、ほかにもトイレ内で死亡した60代の男性の報告がなされている。

◆負担の大きい勤務

「職域接種を実施している会社では、ほかの社員が休んでいないからと、副反応を感じながらも無理に出勤を続けなければいけないこともあるかもしれません。しかし、接種後の“無理がたたる”事例もあります」(前出・医療ジャーナリスト)

44才の医療従事者の女性は、ワクチン接種の4日後に死亡した。特に持病や治療歴はない。

「接種後、2日連続での勤務で、2日目は夕方から翌朝8時までの夜勤でした。その職場は夜勤明けは休日だったのですが、この女性は別の場所でアルバイトもしていたのです。そして、アルバイト先の倉庫で倒れているのを発見。死因は、くも膜下出血でした。報告書でも、《ワクチン接種が体の負担をさらに助長した可能性は否定できないと考察する》と明記されています」(前出・医療ジャーナリスト)

無理は禁物、この言葉を接種後は肝に銘じておきたい。

ワクチンを打ったところで感染リスクはゼロにならず、副反応のリスクを避けることも考えなくてはならない。

「こういった状況では、ワクチンを打てない人や打ちたくない人がいることも考慮しないといけません」

とは、太融寺町谷口医院院長の谷口恭さん。

「国民の多くがワクチン接種を済ませ、いわゆる“集団免疫”が獲得できれば、コロナ前の生活に戻ることは可能でしょう。ただし、ワクチンを打てない人や打ちたくない人もいて、今後どれだけワクチンが普及するかはわかりません。また、ワクチンの効果がいつまで続くかも不透明で、新たな変異株に有効かどうかによっても左右されます」

さらに谷口さんはコロナ前の生活に戻るためには「もうひとつ条件がある」と続ける。

「それは治療薬の登場です。新型コロナがインフルエンザと同じ程度の感染力になれば、元の生活に戻れるという声もある。しかし、インフルエンザに治療薬はありますが、新型コロナにはない。現在、コロナ治療薬としてレムデシビルのような薬が使われていますが、それらは特効薬とまでは呼べません」

がまんを強いられて1年半経つが、コロナを完全に忘れて生活できるようになるまでには、まだしばらく時間がかかりそうだ。

※女性セブン2021年7月22日号

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」