“ハマのフェラーリ”森が番長DeNA救った 土壇場全開!超速同点ホームイン - イザ!

メインコンテンツ

“ハマのフェラーリ”森が番長DeNA救った 土壇場全開!超速同点ホームイン

サンスポ
土煙を上げながら本塁へ生還した森。前日10日に今季初の1軍昇格を果たすと即、活躍を見せた
土煙を上げながら本塁へ生還した森。前日10日に今季初の1軍昇格を果たすと即、活躍を見せた

(セ・リーグ、中日5-5DeNA=九回規定により引き分け、15回戦、中日7勝6敗2分、11日、バンテリンD)猛スピードでダイヤモンドを駆け抜けた。「2番・遊撃」で今季初の先発出場を果たしたDeNAの高卒2年目・森敬斗内野手(19)が、打っては2安打、走ってはプロ初盗塁。九回2死から土壇場の同点劇を演出し、初々しく笑った。

「緊張はありましたが、ファームでやってきたことを発揮しようと臨みました。いい結果につながって良かったです」

1-5から1点差に迫って迎えた九回。18試合連続無失点中だった相手守護神R・マルティネスを前に、チームは簡単に2死を取られた。負ければ2カ月ぶりの4連敗となる崖っぷち。森は、このピンチを実力証明のチャンスに変えた。1ボールから137キロの2球目を捉え、右前へ運んだ。

そして、ここからが真骨頂。続く佐野への2球目で果敢にスタートを切って二盗を決めると、50メートル5秒8の快足を生かし右前打で本塁に生還した。その裏には1死満塁からの遊ゴロを捕球し、強肩を生かして本塁へ送球。併殺を完成させた。

神奈川・桐蔭学園高から昨年ドラフト1位で入団。スピード感あるプレーと母校の先輩でラグビー日本代表の松島幸太朗の愛称から「ハマのフェラーリ」の異名を取る。昨年10月31日以来プロ2試合目のスタメンで、イタリア製の高性能車よろしく輝きを放った。

三浦監督は「あそこで(盗塁に)成功できたことを自信にしてくれたら。チームにとっても、いい刺激になる」と賛辞を惜しまなかった。12日からは前半戦最終カードの阪神3連戦(甲子園)。巻き返しへ、19歳の韋駄天が新たなピースとして加わった。(箭内桃子)

森 敬斗(もり・けいと)

 2002(平成14)年1月28日生まれ、19歳。静岡県出身。神奈川・桐蔭学園高で3年春の選抜に出場(初戦敗退)。19年のU18W杯では日本代表として全8試合に「1番・中堅」で出場。20年ドラフト1位でDeNA入団。今季成績は2試合で打率・400、0本塁打、0打点。通算成績は10試合で打率・294、0本塁打、0打点(11日現在)。175センチ、78キロ。右投げ左打ち。独身。年俸1000万円。背番号6。


  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  5. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了